サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

防音内窓プラスト その他内窓との違いシリーズ

2017年08月07日 18時49分16秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


防音と言えば、まず窓から手を付けるのがセオリーです。
その中でも費用対効果が最も高いのが内窓の設置でしょう。


各メーカー、さまざまな内窓を出していますが、防音目的であれば
大信工業製の『プラスト』。
この一択でいいと思います。


仕組みが他メーカーとまったく異なるのですが、それを今週はシリーズでお届けしたいと思います。


プラストの秘密第一弾。
防音ガラスの最高峰、12mm厚の防音ガラスを国内で唯一組み込むことができる。


他のブランドの内窓はせいぜい8mm程度のガラスまでしか取り付けることができません。
ささいなことですが、防音に対するメーカーの姿勢を感じる点です。


他のメーカーも、ガラス溝をちょっと広げるだけでできそうなものですが。
いろいろ大人の事情があることとお察しします。


ちなみに弊社のプラスト出荷内訳をみてみると、4割前後は12mm防音ガラスとの組み合わせ。
まず間違いない鉄板コンビで、私たちも自信をもっておすすめしています。


車の走行音、ピアノ教室に代表される音楽教室、近隣の生活音にお困りの方は内窓をご検討されてみてはいかがでしょうか。
QOL(クオリティオブライフ = 暮らしの質)の向上はお金で買えない価値があります。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インタネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音の正体をつかむ | トップ | 防音内窓プラスト その他内... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

内窓・サッシ取付」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL