サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

大手も真似する内窓プラストの実力

2017年06月09日 15時30分31秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


建材メーカー最大手といえばLIXIL。
そのLIXILの内窓が言わずと知れたインプラス


昨年末、そのインプラスから上位機種として上枠を二重構造にしたシリーズが発売。



新しく見えて実は昔の内窓の多くはこのような二重枠構造を持っていました。
が、さまざまな大人の事情により、大手内窓メーカーから二重枠構造は姿を消していきます。


その二重枠構造をひたすら守り続けているのが大信工業のプラストサッシ
大手が内窓の造りを簡素化していく流れの中で、ここだけがかたくなに二重枠構造にこだわり続けてきました。


その結果が、今の差別化されたプラストの高性能につながっているというわけです。


しかしここに来て業界最大手もさすがに何かを感じたのでしょうか。
再び二重枠構造の内窓発売に踏み切ったというわけです。


そして先日新しいインプラスの実物を見る機会がありましたが、感じたのはまだまだ高性能路線の先端を走るプラストとの間には大きな差があるということです。


ここ一番はやっぱりプラスト。
この公式はしばらく変わりそうもありません。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妄想が形になるとこうなる。... | トップ | パッと取り替えシリーズ。 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

内窓・サッシ取付」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL