サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

熱射病の真実。家の中でも油断できません。

2017年07月12日 10時01分30秒 | その他

自社施工実績魚津No1!
2016YKKAPエクステリアデザイン施工フォトコンテストエクステリアリフォーム部門入選!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


昨日、全国1位の暑さを記録した富山県。
それに合わせて熱射病患者も急増しています。


ちなみに熱中症にかかる人といえば?


カンカン照りの下、スコップをふるう土木作業のお兄ちゃんとか
カンカン照りの下、交通整理をする誘導員のおじちゃん、
カンカン照りの下、走り回るスポーツ少年達・・・
というイメージが強いです。


が、真実は違います。


熱射病患者さんの
40%は室内
で起こっています。
さらに室内で熱中症になった方の
70%は65歳以上。


ということは、患者さん全体の約3人に一人は65歳以上の方が室内で熱中症になったということです。
参考文献 ⇒ 厚生労働省の参考資料より


室内の温度が上がる一番の原因は窓から差し込む日差しです。
庇や日よけシェード、オーニングなどで日射を遮ることで驚くほどエアコンの効きがよくなります。


いっとき、日射対策といえばロウイーペアガラス(日射を防ぐペアガラス)。
という流れが業界にありましたが、ガラスだけに頼るのはいささか性能不足の感はいなめず、さらに春先や秋口の日射を部屋に取り込みたいときに取り込めないというジレンマにもおちいってしまうため、最近は日射対策にはロウイーペアガラス、というのは死語です。


日射対策は窓の外でするのが一番効果的です。
このブログでも何度か出ていますが、今オススメな日よけはオーニングです。








先日取り付けさせていただいたオーニング。
少し暗いと感じるぐらい強力な日よけ効果。
近隣からの目線もカットし、ちょっとぐらいの雨風にも十分耐える。
なんとも使い勝手の良い日よけです。


65歳以上の方が
日中在宅で
部屋の窓が南から西に向いている。


これらの条件にあてはまるなら、窓に何かしらの日射対策は必須でしょう。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商
電話0765-24-3455


インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防音内窓 プラストと防音ガ... | トップ | 積雪対応の透明な屋根のカー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL