日経平均先物・Topix先物のエキスパートを目指す投資家のサイト【日刊225】

日経平均先物システムトレードのテクニカルチャート分析を初心者からエキスパートまで分かり易く解説します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

売りのチャート

2007-09-02 20:25:47 | nikkei225

売りの場合にも基本はEMAのトレンド判定である。EMAが低下し始めてデッドクロス2日目でポジションを摂るのが常套手段で最高の結果を出してくれる。EMAのトレンドと逆方向の玉は直ぐに決済して出来る限り持たないのが先物投機の最も基本的な事項だが、殆どの初心者はここで失敗している。【EMAが下降線でデッドクロスを描いている】=『売り相場』では相場の伸びと縮みを指標に伸び切った処を吹き値で売ると良い。毎日見ていると目が慣れて売りポイントをEチャートが教えてくれるようになる。基本を無視していかなる王道も存在しない。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

この記事をはてなブックマークに追加

トレンドを知る

2007-08-21 07:23:48 | nikkei225

トレンドの認識が大切なことは今さら言うまでもないでしょう。トレンドの判定に一番分かり易いのがEMA《指数平滑移動平均》だと思っています。日刊225では二種類のEMAを使ってトレンドの判定をします。上昇トレンドでは短期EMAが中期EMAを下から上抜くゴールデンクロス〇で買い建て、短期EMAの下降時点◇で売り落ちます。にほんブログ村 先物取引ブログへ


この記事をはてなブックマークに追加

終身刑

2007-08-15 21:19:27 | nikkei225

相場に勝つと本当に辛い

明日はきっと今日負けた人間が

化けて出ると心配する

もう1日勝つともっと辛い…

その何倍ものお化けが出そう…

勝って喜んでいるウチが楽しい


この記事をはてなブックマークに追加

両建ての意味

2007-08-12 15:57:18 | nikkei225

鞘取りでない両建ては売りと買いが見合った時点で利益確定と同じです。
利益(或いは損失)を先送りしているだけですね。戻ったら処理しようとか
ジッと我慢の毎日でこの期間の時間的ロスは1年という時間で考えると
実は膨大な損失であることに気付いていないベテランも大勢いらっしゃいます。

両建てで先送りした損失を取り返すには新しく別の資金で追加建て玉するか

片外しするかですが結局は一度損切って建てても同じ事になります。

損切れ無い最大の理由が自分で背負いきれないリスクを背負ってしまう…

過剰建て玉に有る場合は事態は一層難しく資金配分が最大の問題と言えます

 にほんブログ村 先物取引ブログへ


この記事をはてなブックマークに追加

足の長さ

2007-07-31 20:03:12 | technical

誰にも見られない足… 秘密の長さの足… 凄く魅力的な足♪♪

俺短い…11センチ ぁたし長いの好き♪16センチ その話しではない

例えば七分足とか八分足でデイトレをやってみる 結構イケル

余り短いと早過ぎてダメ (ソーロータンショー) 長すぎるとダレル (ケンタイキ)

今日は話しが変な方向に進みそうなのでこの辺で お休みなさい

にほんブログ村 先物取引ブログへ


この記事をはてなブックマークに追加

▼逆張りと順張り△

2007-07-30 09:58:38 | technical

あなたは逆張り派?それとも順張り派? どっちが良いかと??

実は実戦的には優劣が無いんですね… ほとんどの教科書は順張りを

奨励しています。初心者が負けるとそれ見たことかと逆張りを咎めます…

でも最近のシステムトレードの普及で立場が逆転??ここ一番で逆向かい

の成績が勝ってきている気がします… 順張りでコツコツ貯めて最後に逆張りに

ガサッと負ける 相場のシーソーゲームは片方ばかりが勝たないように

うまくバランスが取れているのです ↓応援クリック希望↓ にほんブログ村 先物取引ブログへ


この記事をはてなブックマークに追加

相場の必勝法

2007-07-22 06:56:01 | nikkei225

『必勝法』… さて大変だ 絶対に出来ないテーマを選んでしまった

真面目な相場人間 ならそんなこと不可能だと知っている

同じ方法で三日続けて勝てないのが相場の世界の常識だ

今日負けた人は 明日勝つために戦術を研究し鍛錬する

今日勝った人が 油断して同じ手を出すと 必ず負ける

まして何ヶ月も同じ方法で勝てるわけがない  考え甘すぎ

例えばFXだと24時間世界を転戦するW杯かプロテニス並の体力と技術

敵は世界中の大富豪達 プロとアマの技量差歴然  勝つ為には

自分の一番得意な決まり手を作ってその技を研こう 世界に通用する

自分だけの得意技を極めることが相場で勝つ王道なのだ ∇応援クリック希望 ∇

にほんブログ村 先物取引ブログへ

この記事をはてなブックマークに追加

天井買いと底投げ

2007-07-19 07:33:18 | technical

天井で買って底で投げるこんな事を繰り返していたらすぐに貧乏になる

ところが実はシステムトレードでもこれが起こるのだ

検証期間が短いと一番スペックの良いシステムが天井掴みに成ることがある

システムに負けていた相手が数ヶ月でトレード方法を改良してくるから

短期スペック最大のシステムを使うと 天井掴みでボロ負けさせられてしまう

こんなボロシステム使えないとゴミ箱に捨てた頃システムは勝ち始めるのだ

だからシステムの短期のスペックに惑わされては イケナイ 

システムが使用不可能になった頃に一般販売するワルも結構居るらしい 

にほんブログ村 先物取引ブログへ

この記事をはてなブックマークに追加

タートルズとPLフィルター

2007-07-11 20:17:58 | technical

タイトルをご覧になってハハン…♪と思われた人はカナリの勉強家でしょう
タートルズは中期的な投資手法で、資金の2%を損失の限度と決めて、繰り返し大幅利益を目指して
分散投資する手法です。資金管理は終値ではなく一日の変動幅を元に適切な投資金額とロスカット幅を決めます。高値-安値+窓あき幅 =真の変動幅…窓の開きと1日の変動幅の合計です資金全体の1%が、N×株数(金額)損切り幅は2Nになるように投資金額を管理します。

タートルズは勝率が低くそのままでは実用的でありませんそこで、PLフィルターを使います。これは、直前の取引(架空取引も含める)で利益がでたら次の取引を実行しないというものです。統計的には、約30%の効率の悪い取引を除外できます。(なお、タートルズの方法には、1/2 N 戦略というのもあります。)

この手法が成功を収める理由は資金管理と出動管理でボラリティの大きな投機市場は制覇できると言うことです。どんなに優れた手法を駆使しても資金管理(=資金運用能力)と出動管理(=休むも相場の格言)が不十分では良い結果は望めそうに無いですよね⇔応援クリック希望 ∇∇

にほんブログ村 先物取引ブログへ

この記事をはてなブックマークに追加

ボラリティ変動の意味とは何か??

2007-06-21 21:39:38 | technical

ボラリティの変動と云う表現を何度も使っているので今後の流れを理解するために専門家にはわかりにくく皆さんには分かるような説明をしてみます。


この数字は(今日相場で消費されたエネルギー)/(最近の平均エネルギー)を計算する演算式です。最近の平均と同じなら1になり多ければ10ぐらいまで少なければ0.1ぐらいの間で変化します。システムトレードの作成法に、RSIとボリュームレシオのゴールデンクロスとデッドクロスを利用する方法がありますが、日中足で検証していて突然この指数を思いつきました。そして遂にボラ指数が0.8と1.5の間ではファンドは自由に動けるがそこから外れると身動き取れなくなる事実を発見しました。
いかにファンドでも資金には限度があると言う事です。


この数字は最近の変動を分母にしているので当分は通用すると思っています。  

にほんブログ村 先物取引ブログへ

この記事をはてなブックマークに追加