goo

「クラッシュ」  CRASH

クリスマスが近づいているロサンゼルスを舞台に36時間という限られた時間の中で起こる、様々な怒りや哀しみ、そして憎しみや喜びといった人間模様が見事に描かれていくこの作品、そのあまりに巧みな脚本と見事な演出にほとほと感心させられてしまった。

正直言って重層的にいくつものエピソードが何人もの登場人物によって繰り広げられていく前半は、決して肯定できない、だけど現実として間違いなくある人種間の差別であったり偏見であったり、あるいは医療、介護、政治の腐敗、夫婦間の温度差といった様々な問題があからさまに容赦なく次々と描かれ、救いようのない気持ちになってくる。

ところが中盤、レイシスト(人種差別主義者)であると思っていたマット・ディロン演じる警察官の境遇を知るあたりから物語は見事にそれぞれがまさにクラッシュしながら有機的に繋がっていき、天使のマントのエピソードから悲劇的な結末となりかねない展開にも予想しえなかった心温まる結末が用意されていて、どんどんどんどん映画の世界にのめり込んでいってしまった。



良かれと思う善意が違った結果を生んだり、思いの丈が通じないもどかしさがあったりと、人と人との係わり合いにおいて人間それぞれが思い描くことに対して決して思い通りにはならないことも多いかもしれない。

だけどそれでも実はそんなに捨てたもんじゃないよという「奇跡」みたいな思いについ駆られてしまう、切ないけれどどこかに救いを残したこの物語、賞云々はさておき、とにかく心深く感じ入れざるを得ない凄いチカラを持った作品であることに間違いない。

それにしても「天使の街」という意味の言葉が名前の発祥だというこの街『ロス・アンジェルス』のやりきれなさ、それはやがてあたかも天使が見つめているかのような最後の雪が降りしきるシーンでもしかして未来へ繋がっていったと感じたと書いてしまうと、それはあまりに楽観過ぎるかな?

とにかくひとつのファンタジーとして観るもよし、人それぞれが持つ心の寂しさが見事に描かれている秀作であることに間違いない。オススメです。



今日の1曲  “ Maybe Tomorrow ” : Stereophonics

この映画の大きな魅力のひとつはマーク・アイシャムによる哀感漂う音楽でした。
そんな中、今や言わずとと知れた今や英国を代表するバンドとなったステレオフォニックスが2004年にリリースした4枚目のアルバム『 You Gotta Go There To Come Back 』に収められていたこの曲が、映画の最後に流れ、あまりに映画のテーマに一致しているように思えて何とも印象的でした。
とにかくこの映画を観たあと改めて聴くと、ケリーの独特な歌声と相まってひときわ心に響いてきます。
試聴はコチラ

"Maybe Tomorrow"

I've been down and
I'm wondering why
These little black clouds
Keep walking around
With me
With me

It wastes time
And I'd rather be high
Think I'll walk me outside
And buy a rainbow smile
But be free
They're all free

So maybe tomorrow
I'll find my way home
So maybe tomorrow
I'll find my way home

I look around at a beautiful life
Been the upperside of down
Been the inside of out
But we breathe
We breathe

I wanna breeze and an open mind
I wanna swim in the ocean
Wanna take my time for me
All me

So maybe tomorrow
I'll find my way home
So maybe tomorrow
I'll find my way home

So maybe tomorrow
I'll find my way home
So maybe tomorrow
I'll find my way home

So maybe tomorrow
I'll find my way home
So maybe tomorrow
I'll find my way home

コメント ( 2 ) | Trackback ( 33 )
« ローリングス... The first Gra... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-03-27 20:38:50
こんにちは♪

私もこの映画お気に入りです。

マット・ディロンをいけ好かない人物だと思っていたら、父親の面倒を見ていたり命がけで人命救助したり。

どの人物も他方向からの視点で見せてくれて感服しました。

若い警官だけはなんとかまっとうに生きて欲しいと思っていたらあの結末・・・。

やりきれなくなりました。

金沢に来たらもう一度みたいのですが・・。
 
 
 
こんにちは~ (mimia)
2006-05-09 16:16:25
いち早くご覧になってたんですね。



「ER」なんか見てても思いますがアメリカの医療保険制度っていまいちよく分かりません。医者を替えることもできない?マットディロンのセクハラも度は過ぎていましたが、鬱憤晴らしの相手は黒人だからではなく、いちゃついてるセレブだったのでしょうか。



マーク・アイシャム、いいですよね。Windham Hillの頃からジョージ・ウィンストンと共にfanです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
クラッシュ (シャーロットの涙)
連鎖する衝突。そこから繋がっていく人の運命。 ロサンゼルスは孤独な街。人種によって居住区が分かれているこの街で、偶然の事故が人種を絡ませる。そして差別偏見を浮き彫りにさせる。 監督はミリオンダラーベイビーの製作脚本でアカデミー賞ノミネートされたポール・ハギ
 
 
 
クラッシュ / CRASH (我想一個人映画美的女人blog)
\"サンドラブロック主演\"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品
 
 
 
『クラッシュ』 (ラムの大通り)
----この映画って、ものすごくたくさんのスターが出ている割には なぜか地味な感じがするよね。 「内容が内容だからね。 プレスに載っている解説を引用すれば 『ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、 思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し、 さまざまな人々の運命を導
 
 
 
クラッシュ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観ている間、自分が映画の登場人物であるかの様な、不思議な感覚で物語に感情移入していた。 この映画は、アメリカの移民社会に暮らしたことのある人間には、まさしく人生に縮図のよ
 
 
 
映画館「クラッシュ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンでは、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の嫌な部分...
 
 
 
人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇
 
 
 
触れ合いたい 「クラッシュ」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} クラッシュ こういう映画大好きです。 群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。 さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした。 大本命
 
 
 
映画「クラッシュ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クラッシュ」★★★★★ クリスマス間近のロサンゼルスで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が交錯する群像劇。 舞台がロサンゼルスということがとても重要とのこと。ニューヨークでは街の性質や人口密度によって人は共同で
 
 
 
映画「クラッシュ」 (いもロックフェスティバル)
観て良かったと思える、そしてもう一度観たいと思える作品。 『クラッシュ』・・・
 
 
 
[ クラッシュ crash ]他者と衝突し、自己を再確認 (アロハ坊主の日がな一日)
[ クラッシュ crash ]@日比谷で鑑賞。 人種のるつぼアメリカ。ロサンゼルスももち例外ではない。 クリスマス間近のロサンゼルス。この都会でおこるひとつ の出来事(自動車事故)から思いもよらぬ“衝突”(クラッシ ュ)の連鎖反応が生み出され、様々な人々の運命を
 
 
 
「クラッシュ」 (試写会帰りに)
スペースFS汐留「クラッシュ」Crash試写会。 映画の冒頭から延々と続く、登場人物達のあからさまな人種差別発言に、嫌悪感と疲労感がつのっていくような、あるシーンの前までに感じていた気分と、そのシーン以降、見終わった後の感想、感じ方がガラっと変わる映画でした。 .
 
 
 
『クラッシュ』の悲しみの連鎖 (Days of Books, Films)
アメリカ映画を見に行って、オープニングでユニバーサルや20世紀フォックス、あるい
 
 
 
「クラッシュ」 (don\'t worry!な毎日)
 「クラッシュ」を見た。  もし、私が、ロスに生まれ、アフリカ系アメリカ人で、 テレビのプロデューサーをしている夫と、恵まれた暮らしをしていて、 ある日突然、言われないのない容疑をかけられ、 そのことで怒りを表したら、人種差別をする警官に、体中を触られ
 
 
 
★「クラッシュ」 (ひらりん的映画ブログ)
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
 
 
 
■クラッシュ (ルーピーQの活動日記)
クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイで黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)は、相棒で恋人でもあるスペイン系のリア(ジェニファー・エスポジト)と追突事故に巻き込まれる。そこで彼は、偶然事故現場近くで発見された若い黒人男性の死体に引き付けられる・
 
 
 
『クラッシュ』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「この世から犯罪をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、刑法などの法律をなくし、『犯罪』という概念をなくすこと」 と同じように、 「この世から差別をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、『差.
 
 
 
クラッシュ (ERi’s room)
映画『クラッシュ』を観てきました。 前知識として、舞台がロスであること、マット・ディロン演じる刑事が人種差別主義者であることなどが頭にあったのですが、実際観てみて、人種差
 
 
 
「クラッシュ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Crash」2004 USA/ドイツ 時はクリスマス・シーズン、人種のるつぼアメリカ、LAを舞台に二日間の出来事を描いた群像ドラマ。隠れ??ブレンダン、ファンなので、この映画は楽しみにしていた。まあブレンダンは主演じゃないし、出番も少しというのは解っていたが...。とり
 
 
 
クラッシュ (Akira\'s VOICE)
社会への警鐘と同時に, あたたかいメッセージも込められた群像劇。
 
 
 
■クラッシュ(原題) 監督・脚本・製作ポール・ハギス (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■Crash クラッシュ ●真実。最初にTrailerを見て、ドキリとした。これはイーストウッドが描いてきた事への新たな挑戦か、と思った。そこにはイーストウッドがここ数年間に描いてきたもの、さらにオスカーでは昨年「ミスティック・リバー」に押しのけられてしまった観のあ
 
 
 
クラッシュ (まつさんの映画伝道師)
第385回  今回は昨日のアカデミー賞授賞式で、大逆転、驚きのアカデミー作品賞を獲得した作品をご紹介。 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人間同士の摩擦は、時にぶつかり合い、「怒り」や「憎悪」を生み出す。  な.
 
 
 
『クラッシュ』 (mimiaエーガ日記)
★★★★☆原題:『 CRASH 』クリスマスムードのロサンゼルス、移民の国アメ
 
 
 
Crash:クラッシュ (Polka dot movie)
公式サイト STORY ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。 日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。 ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2 ...
 
 
 
クラッシュ (Crash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来なければ出来ないほど恐怖を感じ、差別し排斥することで身の安全を図 ...
 
 
 
クラッシュ (Extremelife)
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が極限にまで高まるアメリカのロサンジェルスを舞台に、次々と引き起こされる ...
 
 
 
Crash (Color My World)
2006年日本公開 監督 ポール・ハギス (ミリオンダラー・ベイビー 脚本) 【ストーリー】 クリスマスを間近に控えたLA 黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア 銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨店経営者ファハド 白人に敵意 ...
 
 
 
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
 
 
 
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
 
 
 
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
 
 
 
【洋画】クラッシュ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 アカデ
 
 
 
映画『クラッシュ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサンゼルスが舞台、群像劇だが、特に印象的・・というよりも衝撃的でさえあ...
 
 
 
クラッシュ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。』  2/11に公開されて現在も全国で順次公開されていっているコチラの映画。もうすぐ発表のアカデミー賞でも主要6部門にノミネートされている話題作ですね。 ...
 
 
 
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...