goo

「息もできない」 BREATHLESS


儒教の精神が色濃く残っている韓国ならではの父親という強権的で絶対的な存在に対する葛藤を、境遇的に互いに通じ合う二人の男女それぞれのドラマを通して骨太に描いた作品。

片や度重なる暴力によって母親と妹を死へと追いやった父親に対して強い憎しみを抱く粗暴な借金取りサンフン。
この男、何かにつけて「シバラマー(●●野郎)」を連呼し、いつキレるかわからない危なさは渡哲也が「仁義の墓場」で扮していた主人公・石川力夫を彷彿させ、まさに息が出来ないほどの緊張感を与えてくれる。
片やベトナム帰還後、暴力によって妻に去られ、今は酒浸りで精神を病んでいる父親、そして中途半端にやくざな弟というやりきれない家族を持つ勝気で男勝りな女子高生ヨニ。
彼女もまた自分の抱えているものに押しつぶされそうになりつつも、自分をさらけ出すことなく気丈に振る舞う姿が何とも印象的。



そんな二人の唾をかけ、殴り返され、さらに殴り返すといった衝撃的な出会いからリアルな感情表現を伴ってパラレルに描かれるそれぞれの「家族」という逃れられないしがらみの存在。
そこには作品のチラシの中で監督自身から「自分は家族と問題を抱えていて、そのすべてを吐き出したかった」といったことが語られていたように、そうしたパーソナルな出来事を糸口とした思いが、容赦ない激しい暴力描写の連続によってヒリヒリと痛いほど伝わってくる。

そしてそうした中、はじめて他人との存在を互いに認め合うようになり語ることなくただ涙するといった、言わば孤独な二人が共有する魂の叫びを感じさせる漢江の岸辺に佇むシーンはあまりにやるせなく、あまりに切なく心に染みてきたのだ。



決して口当たりの良い映画ではないし、その暴力の連鎖にも辟易させられる人もいるかもしれないけれど、かつての中上健次の小説、あるいはその深作欣二監督の「仁義の墓場」とも通じる救いようのない絶望感が色濃く漂いながらも、どこかひと筋の「希望」を感じさせてくれて、観終わったあとに不快感は決して生じないはず。

そしてこれが初監督だという脚本に加え、主演もこなしていたイクチョン監督、そうした個人的なひとつの決着を普遍性を持って見事に描いていて、韓国映画の懐の深さを改めて感じてしまったのだ。

見応えといった意味でも最近にない力作なので、機会があれば是非!
かなりかなりオススメであります。

ちなみに英語題名である『 BREATHLESS 』はもちろんゴダールの「勝手にしやがれ」の英語題名でもあって、そのあたりどこか共通点があるかと思っていたものの、内容的には大いに違っていたのでありました。



今日の1曲 “ My way ” :  Sid Vicious

ということで、ふと思い出したご存知ピストルズのベーシストだったシド・ヴィシャスが映画「ザ・グレート・ロックンロール・スウィンドル」の撮影のために歌ったこの曲を。
「ラモーンズ風にやりたい」と監督のジュリアン・テンプルに注文をつけ、クスリのせいで全身蒼白状態で歌うその姿は、ラストの発砲シーンを含めやはり今改めて見ても凄まじいものがあるなぁ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 15 )
« 焼き茄子寄せ... フレンチな昼... »
 
コメント
 
 
 
ゴダールとのつながり? ()
2010-05-14 12:10:30
小生もゴダールの映画を意識してるのかと見ていたのですが、つながりを感じませんでした。韓国語原題は「糞バエ」という意味らしいので、breathlessというタイトルは監督と関係ないところでつけられたのかもしれませんね。それにしても、こういう熱い映画が懐かしいです。
 
 
 
◇雄さんへ (nikidasu)
2010-05-15 13:53:20
かつて日本映画、特に東映映画が孕んでいた熱気みたいなものを
雄さん同様改めて感じました。

そして実は密かに井筒監督の新作にちょっとだけ期待しているのですが、
どうなることやら、であります。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『息もできない』 (ラムの大通り)
(英題:Breathless) ----あらら、スゴく興奮しているようだけど…。 「いやあ、まいったまいった。 とんでもない映画に出会った。 恐るべし、韓国。 こんな才能がまだ隠...
 
 
 
息もできない (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
傷だらけの魂からヒリヒリした叫びが伝わってくる鮮烈な内容で、韓国映画のポテンシャルの高さを感じる映画だ。借金の取り立て屋のサンフンは母と妹を死に追いやった父を激しく憎み、周囲の人間に対して粗暴な振る舞いを繰り返す男。社会の底辺で生きるサンフンは、ある日...
 
 
 
『息もできない Breathless』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:韓国映画、ヤン・イクチュン製作&監督&脚本&編集&主演、キム・コッピ、イ・ファン出演。
 
 
 
息もできない (そーれりぽーと)
父親の暴力で家族が崩壊した境遇の二人、チンピラと女子高生が出会い、二人で泣いている。 とんでもなさそうな展開を予感させる予告編に目を付けていた『息もできない』を観てきました。 ★★★★ 悲しすぎる運命に縛られ、息をする事も辛く苦しい世の中が展開していく。...
 
 
 
息もできない / BREATHLESS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きるしか術のなかった男サンフンと、 傷付いた心を隠し勝気に振る舞う女子高生ヨニ。 家庭内暴力によって家庭がば...
 
 
 
息もできない・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
韓国映画界からまた驚くべき才能が現れた。 その名は、ヤン・イクチュン、34歳。 彼が製作・監督・脚本・編集・主演を兼ねた「息もできない...
 
 
 
血と暴力~『息もできない』 (真紅のthinkingdays)
 BREATHLESS  借金の取り立て屋として社会の底辺で生きるサンフン(ヤン・イクチュン)は、 暴力衝動を抑えられない孤独な男。ある日...
 
 
 
『息もできない』  新開地の暴力 (Days of Books, Films )
『息もできない(英題:Breathless)』の舞台はソウル。主人公のチンピラ、
 
 
 
映画「息もできない」(監督・主演:ヤン・イクチェン)を見た (飾釦)
■製作年:2008年/韓国 ■監督:ヤン・イクチェン ■主演:ヤン・イクチェン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、他 衝動的に動いた映画連続鑑賞のトリは韓国映画の「息もできない」である。とにかく衝撃的な映画だった。同じ韓国映画「渇き」を見たとき...
 
 
 
「息もできない」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2008年・韓国/ビターズ・エンド、スターサンズ配給原題:???/英題:Breathless脚本・監督:ヤン・イクチュン 新しい人材が続々登場している韓国映画界から、またしても凄い映画がやって来た。ヤ
 
 
 
「息もできない」 (歩きながら♪歌いながら♪)
HP2008年韓国映画 いや~(←この いや~ は感嘆でもあり、シロ!(大嫌い)アンデ(だめ)のいやでもある) 韓国映画の真骨頂とい...
 
 
 
息もできない (C'est joli~ここちいい毎日を~)
息もできない’08:韓国◆原題:BREATHLESS◆監督・編集:ヤン・イクチュン◆出演:キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス◆STORY◆友人が経営する取り立て屋で働いているサンフン。その容赦ない取り立てと暴力は時には仲間にも向...
 
 
 
mini review 10513「息もできない」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
冷徹で粗暴な借金取りの男が、勝気で男勝りの女子高生と運命的に出会い、互いに過去のトラウマから解放されていく姿を描く純愛ストーリー。俳優としてキャリアを重ねたヤン・イクチュンが、若手注目株のキム・コッ...
 
 
 
映画:息もできない 「暴力の連鎖」を独自の方法論で鋭くあぶり出す傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画の年間ベスト10をここ数年やっている。 それを書く明確な理由。 =他のブログと比べることで、1年間で自分の出会わなかった「名作かも」に出会うチャンスを与えてくれるから! そうして出会ったのが、この「息もできない」 で、一言。 「いやあ~驚いたよ!」 ...
 
 
 
『息もできない』'08・韓 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
谷村美月かと思った もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日常 グ