goo

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 nostalgia for the good old days

前作に続いて冒頭に「TOHO SCOPE」のロゴが映し出されたあと突然始まるVFXを駆使した『ゴジラ』に苦笑。
そしてなんとミゼットがドリフトまでしてしまうその疾走感には思わず笑ってしまった。

それはともかく、そんな贅沢なオープニングの後に展開される物語は、テイスト的には良くも悪くも前作(感想はこちらで)をそのまま受け継いだ“三丁目ワ-ルド”。
とは言え、前作はいろんなモノ・コト・ヒトが転換する昭和33年という時代設定を色濃く出していたのに対して、今回は「お金より大切なもの」としてさまざまな人と人との出会いが盛り込まれていて、そうしたドラマ部分が広がった分あの時代を背景とする必然性には乏しくなった印象も少なからず感じてしまった。



勿論ひとつひとつのエピソードには胸を打つものも多く、前作に引き続きというか、2作目にしてまるでシリーズもののような安定した雰囲気の中で繰り広げられる出演者たちの楽しげな演技が心和ませてくれたのも事実だったし、犬の名前が南極探検で話題となった太郎だったり、三平ならぬ一平が「どうもすいません」と謝ったり、自転車の三角乗りしたり、はたまた(黒部)ダム話が出てくるなどなど、相変わらずの小技も効いていたと思う。

加えて数寄屋橋ならぬ日本橋での「君の名は」みたいなシーンでのあの当時の映画らしい画質というか色調にもほとほと感心させられたし、懐古趣味だとか、なんだかんだ言われつつも首都高の無いその日本橋や、東京駅、さらにはかつての東京国際空港(羽田空港)から飛び立つプロペラ機( PAN AM! )や特急こだまといった当時のものの再現ぶりは、見ていてやはり楽しかったりもしてしまった。



まさに old days are good days!

そうなるとそのあまりに予定調和的なストーリー展開もこれはこれでお決まりとして楽しもうと思えばそれなりに結構楽しめるわけで、確かに切り売り的な物足りなさや、いささか熱を感じさせない空気感の欠如などはあるにせよ、そのハートウォーミングな世界に身を置くのも決して悪いことじゃないような気がする。

とにかく変なところで目くじら立てず観る分にはそれなりに楽しめる佳作ではあります。



今日の1曲 “ What'd I Say ” : Ray Charles

昭和34年、つまり1959年には一体どんな曲がヒットしていたのか調べてみると、ボビー・ダーリンの“ Mack the Knife ”とかレイ・チャールズの有名なこの曲がすでにヒットしていたのでした。
そしてこの曲、いろんな人がカヴァーしている中、実はエルヴィス・プレスリーも映画「ラスベガス万才」で歌っているのですが、バックの演奏を含めてこれがなかなか良かったりします。
レイ・チャールズのめちゃ格好良い当時の動画はこちらから
そしてプレスリーのそれはコッチから
コメント ( 4 ) | Trackback ( 40 )
« ウイキョウ  ... 11月だという... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは♪ (ミチ)
2007-11-10 00:59:41
ストーリーはベタだな~と思いつつも、懐かしい昭和の雰囲気に身を置くことが心地良いんです。
だからといって「昭和」を舞台にすれば40代以上の人たちの心を掴めるなんて短絡的には考えてほしくないですけどね(笑)

ところで、本日初めてムシャリラ・ムシャリロに行ってまいりました!
ゴボウ&大根&里芋&ヒヨコマメの入ったカレーがメインでした。
コーヒーもとっても美味しかったです。
今度は友人を連れて行くつもりです☆
 
 
 
◇ミチさん (nikidasu)
2007-11-11 02:10:27
なんだかんだ言いつつも、老若男女すべてに優しい気持ちを
伝えてくれるといった意味ではスタンス的に貴重な映画だと
思います。

プラス、『ムシャ弁』を気に入ってもらって目茶嬉しいッス。
私設応援団として是非是非、またご贔屓に!であります。
 
 
 
どうも (にら)
2007-11-15 10:21:43
「貧乏がなんぼのもんじゃい」って前作に比べて、「でも貧乏なんだよね」って辛気臭いところが目に付いてしまい・・・。

そんな中、鈴木オートのマンガのようなリアクションのおかげで、少し救われました。
CGでも決して作り出せない、堤真一のあの表情(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
 
 
 
◇にらさん (nikidasu)
2007-11-16 12:54:01
どうでもいいことなのですが、にらさんの文章を読んで、
庄司薫が『赤頭巾ちゃん気をつけて』で1969年度上期の
芥川賞を受賞した時、何故に直木賞ではなく芥川賞と、
確か話題になっていたことを思い出してしまいました。

全然関係ない話で、どうもスイマセン。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (Sweet* Days**)
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
 
 
 
感想/ALWAYS 続・三丁目の夕日(試写) (EDITOREAL)
前作は前作として、今作もいい映画。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』11月3日公開。茶川のもとに再び川渕が訪れ、淳之介を引き取ろうとする。抵抗する茶川は、淳之介に人並みの生活をさせることを約束し、再び芥川賞をめざして書きはじめることに。六ちゃんもすっかり一人前な...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日/吉岡秀隆、堤真一 (カノンな日々)
初日に観ることになりましたけど、特別楽しみにしてたわけじゃないんですよね。絶対混むの分かってたし平日のほうがヨカッタんだけど、チケットが先行発売になって上映時間もわかったから予定を組みやすかっただけのことで、ま、お祭り映画だし盛り上がる分には世間的には...
 
 
 
前作よりも更に良い!『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (水曜日のシネマ日記)
2005年に劇場公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。
 
 
 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ&ファミリー  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆      堤真一      小雪      堀北真希 【物語】 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し高度経済成長時代 を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目で...
 
 
 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 [結論として凡作] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 監督:山崎貴 …「続編が前作を越えることはない」というあまりによく使われるので自分では使いたくないフレーズをためらわずに使うことができる格落ち続編。 前作をせいぜい佳作くらいにしか思っていない自分なので、今回は凡作というところ。...
 
 
 
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (てんびんthe LIFE)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞 年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2作...
 
 
 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----この映画、前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は大ヒットだったよね。 日本アカデミー賞も独占したし。 「うん。今回もヒット間違いなしだろうね。 ただ、個人的にはデジャヴというか、 既視感にとらわれてしまったね」 ----どういうこと? 「登場人物がほとんど同じの上、...
 
 
 
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れる事になるこの年。黙って去って行ったヒロミ(小雪さん)を思い続け乍ら、淳之介(須賀健太君)と暮らしていた芥川(吉...
 
 
 
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・東宝/監督:山崎 貴) 前作は、大感動し、泣いた。当然その年の私のベストワン。 当時のインタビューで「続編は考えていない」という発言があったので(実際、セットはすべ
 
 
 
真庭市への旅1(三丁目の夕日のロケ地を訪ねて) (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 真庭市は、岡山県の北部にある、人口約53,000人の市で、鳥取県との県境に位置している。2005年3月に5町4村が合併して誕生したまだ新しい市だ。蒜山高原や湯原温泉など観光名所も多い、岡山県下で最大の面積を誇っている。 ちょっと前に、この真庭市に行く機会があっ....
 
 
 
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました...
 
 
 
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
 
 
 
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (そーれりぽーと)
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗) あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・...
 
 
 
74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回...
 
 
 
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (「頑張るぞ~!大阪営業所開設記」にログイン出来なくなって困っていた大臣。のblog)
感動の「ALWAYS 三丁目の夕日 」から2年・・・            ↑オフィシャルサイトを開くと、テーマ曲を再生します♪ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」、公開初日に観てきました。 興行収入35億円・動員285万人を記録した前作の初日に比べて、2...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (It's a Wonderful Life)
この続編、前作より好きかもしれません。 いや、前作を観てたからこそ、この昭和の下町に戻れだけで なんかこう、嬉しくなってくるというか・・。 ベタベタな展開は判っていながらも、素直に感動しまくりでした。 試写で見せていただいたんですが、場内ですすり泣...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年) (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日(07・日) (no movie no life)
何かは、いつも「三丁目」の街角からやってくる。まるで寅さんがふらっと団子屋に帰ってくるかのように。 1作目は、親子・擬似親子の関係がクローズアップされていた。淳之介と親、淳之介と茶川、ヒロミと母親、鈴木オート親子、鈴木オートと六子、六子と母親、「アク...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (future world)
古き良き昭和の時代の下町風情、 所どころに懐かしみを感じ、暖かな夕日に包まれたような気分だ。 前作同様‘愛に溢れた作品’、前作にホロリと来たなら、是非観て欲しいと思う。 まずは初っ端のつかみから、いきなりやってくれてます~ 遊び心ありってことで、私...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、VFXを駆使してテ
 
 
 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
 
 
 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
 
 
 
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
茶川さんの小説は、東京~横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
 
 
 
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (          )
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
 
 
 
★ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007)★ (CinemaCollection)
昭和34年、日本の空は広かった。 映時間146分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2007/11/03ジャンルドラマ/ファミリー【解説】西岸良平の人気コミックを実写映画化し大ヒットした人情ドラマの続編。前作終了時点から4ヶ月後の東京下町を舞台に、夕日町三丁目....
 
 
 
【劇場映画】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
 
 
 
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
 
 
 
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
 
 
 
●「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (月影の舞)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」パンフと 「花の名」(BUMP OF CHICKIN) CD 前作同様、心があったかくなれて、 懐かしい匂いのする映画だった。 今回のテーマは 「会いたい人がいる。待っている人がいる」 ...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (映画!That' s Entertainment)
●「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2007 日本 東宝、日テレ、続・三丁目の夕日製作委員会 146分 監督:山崎貴、 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、三浦友和、     もたいまさこ、小日向文世、小清水一揮、上川隆...
 
 
 
【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山崎貴   脚本/山崎貴、古沢良太   原作/西岸良平 『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)    製作年度/2007年  公開/2007年11月3日  上映時...
 
 
 
ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞! (銅版画制作の日々)
吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞! もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞!   おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮沢りえちゃんの「オリヲン座からの招待状」と同じ日からロー...
 
 
 
DVD『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (みかんのReading Diary♪)
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版] (2007/日本) 昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミを思い続けながら淳之介と暮らす茶川のもとに、実父が再び淳之介を連れ戻しに来た。(シネマトゥデイ...
 
 
 
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...