goo

   < 今月の箸一通信 うちわ海老を食す丑三つ時 編 >


先日ガレタッソの常連の梅ちゃんが、佐世保に住むバイク仲間から 活きうちわ海老 を牡蠣とともに送ってもらったとのことで、ならば是非ご相伴にあずかりたいとお願いして、思いのほか遅くなった時間にハッシー橋本くんのところに行き、またまた面白い食材を堪能させてもらったのでありました。



スターターは 加賀蓮根 オン ザ 焼き豆腐。
間に挟んである生姜味噌が良い仕事しています。



こちらも胃に優しい、温かい出汁に浸かったメカブに金沢春菊の胡麻和え、そして冬瓜の生姜あんかけという、おっさん仕様の3点盛り。
遅い時間ということもあって、こういうのを出してくれるハッシーの優しさに感謝やね。



ありそうでなかなか食べることのなかった牡蠣と梅肉が入った白菜ロール。
これまたあっさりして旨しです。



牡蠣と言えば、岡山産の牡蠣を使った牡蠣酢も頂いたけれど、これがまた激しく旨かったのでした。



そしてこの日のメイン、その壱。
梅ちゃんプレゼンツ、「 うちわ海老 」。
見た目は相当にえぐい形をしていて、食べるところも少なそうなのに、どうしてどうして身も結構取れ、しかも味も伊勢海老とまではいかないものの美味しい海老であることに間違いがなく堪能させてもらいました。感謝。



続いてもう一つのスペシャル素材が、今まで食べたことのなかった「三乃字」なる魚の刺身。
ニザダイとも呼ばれる白身の魚なのですが、こりこりっとした食感は鯛に近いけれど、あぶらもあってなかなか美味しい魚だったのでした。
こういう魚と出会えるのもこの店の楽しみのひとつなのであります。



そして〆には、宅急便の中にサザエも入っていたということで、サザエの炊き込みご飯をお茶漬けにしてサラサラ。美味ぁ~い!

ということで、この日もまた、それはそれは美味しい夜食だったのでありました。
提供してくれたうえに帰りドゥカティで家まで送ってくれた梅ちゃん、そして見事に調理してくれた橋本くんに改めて大いに感謝。
ありがとね、そしてご馳走様でした。





今日の1曲  “ And You My Love ”  :  Chris Rea

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«    < ガレ... 地産地消ジビ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。