goo

「雪に願うこと」

一旗揚げようと東京で会社を興すものの失敗し故郷に戻ってきた弟(伊勢谷友介)と戸惑いながらそんな彼を迎え入れる兄(佐藤浩市)。
そんな二人を中心に障害物レース“ばんえい競馬”が舞台となって繰り広げられる人間ドラマには素直に心動かされてしまった。

もともと荷物を運びきることを目的とするため、そりがゴールラインを超えた時点でゴールとするという“ばんえい競馬”。
スピードではなく持久力とパワーを競う競技であり、途中の障害(坂)で馬が上り始める前に「ため」を作るところなど、まさに人生に置き換えられる味わい深さを持っている競技だ。

そして登場してくるのは、屠殺寸前の馬であり、父親を失い、勝つことからも遠ざかってしまった女性騎手であり、女でひとつで子供を育て上げている訳ありの中年女性であり、迷いながらなんとか厩舎経営を行なっている兄だったりする。

なかなか思うようにならないのが人生だろうし、例え順調であってもシャドーキングみたいにいつ何が起こるかわかったもんじゃない。
そんな中、額に汗して働くのが偉くて、デスクワーク中心で働くのがいけないという単純なものではないと思うけれど、(何故彼が社会を見返そうと思ったのかという背景が見えなかったのは残念だったにせよ)あまりに自己中心で自分勝手に生きてきた弟に対する兄の叱責、友人からの罵倒、あるいは認知症となった母親の言葉には心打たれた。

そして1トンを越すという巨大な輓馬がシルエットとして登場する早朝のシーンや朝焼け、そして夕日が沈むシーンなどの丁寧に丁寧に、まるで馬や人間たちの息遣いまで感じさせる映像にもすっかり見入ってしまった。



さらには豪華絢爛というのではなく、ちゃんとした演技がちゃんと出来る実力ある映画俳優が顔を揃え、誰もが丁寧に演技していることにも監督の思いの深さが観ているほうまで伝わってきた。

とにかく「都会で敗れた人間が田舎での純朴な人々のふれあいの中でやり直しを決意するありきたりなストーリー」などと簡単に語って欲しくない「志し」のある力作であると言い切ってしまいたい。

それにしても、かつて長谷川和彦監督を筆頭に、大森一樹、高橋伴明、池田敏春、井筒和幸、黒沢清、石井聰亙といった監督らとともに『ディレクターズ・カンパニー』なる製作者集団に今は亡き相米慎二とともに加わっていた根岸吉太郎監督。そんな盟友だった相米監督が映画化を望んでいたというこの作品をこうして見事映画化したことに対して何やら感慨深いものも感じてしまった。



今日の1曲 “ Without You ” : Harry Nilsson

映画の中で弟から結局東京に戻ることを告げられたとき「厩舎のみんなが寂しくなるだろなあ」と精一杯強がって言った兄ちゃんが好きでした。
ということで、いささか安直ながらこの曲を。
ニルソンの71年リリースのアルバム『 Nilsson Schmilsson 』に収録され彼にとって唯一の全米ナンバーワン・ヒットを記録したこの曲、元々はバッドフィンガーのピート・ハム&トム・エヴァンスの作品のカヴァーだったのでした。
ちなみにニルソンが亡くなってから1ヵ月後、マライア・キャリーのヴァージョンが全英シングルチャート1位にと、とにかく名曲です。
アルバムの試聴はコチラ
あまりオススメではないのですが、http://www.youtube.com/watch?v=sCzackNVgBA&search=Without%20You←コチラでマライアの動画も見れます
コメント ( 4 ) | Trackback ( 16 )
« Everybody\'s ... 2 / デュオ »
 
コメント
 
 
 
参りました・・・ (ツボヤキ)
2006-06-15 09:52:51
昨夜に続き、お邪魔します。

ボスを代々木で見た翌日、新宿でご飯ご馳走してくれた

御仁が大好きです。

「食え、食え、美味いから」と鯛の昆布蒸しやら…

新宿ゴールデン街の一角でした。

翌日、調布で映画のラッシュ見せてくれた。

まだ音が入っていないから、場面に合わせて

助監督がカセットでテープを流す…。

映画は当たらなかったデス。

が、今、振り返っても…充分に大人の物語だった。

日本の男と女の話、日本人の物語は、この人が

描いていくんだ、と

心から敬愛してやまなかった、デス。

逝ったことは今もって泣けるが如く勿体無い相米慎二。

…「雪に願うこと」同感です。多謝
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-15 20:44:32
こんにちは♪

相米監督が映画化したがっていたのですか。

それは是非見てみたかったかも!

学という人物についての背景がもう少し見えたらな~と思ってしまいました。

ばんえい競馬というあまり知らなかった世界を知ったのは収穫でした。

脇の方たちの好演に伊勢谷君がかすんで見えたのですが・・。
 
 
 
Unknown (t@shi)
2006-06-15 23:57:31
TBさせていただきました。やはりいろいろな

方のブログを拝見しても評判がいいんですよね。

ただ、やはり客入りはいまいちなようで…。残念です。
 
 
 
おはようございます (nikidasu)
2006-06-16 09:38:47
■ツボヤキさんへ



そうでしたか。新宿ゴールデン街ですか。

相米監督がいなくなったのは、日本映画にとって

本当に残念なことだと思います。

「充分に大人の物語」、もっと観てみたかったです。



■ミチさんへ



もともとは相米監督の遺作となった「風化」の原作者である

鳴海章氏が相米監督のところに「輓馬」を送ったのがきっかけだったそうです。

伊勢谷君はあまり評判良くないようですが、

個人的には違和感なく(映画の中に)収まっていました。



■t@shi さんへ



はじめまして。

久々に品映画の良さが堪能できる映画でした。

ただ、世代によって評価に多少温度差があるような気がします。

ともあれ、興行的にもう少しなんとかなって欲しいものです。





 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
雪に願うこと (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
帯広で開催されている「ばんえい競馬」について、初めて知ったのは、以前、TVで定期的に放送されていた「ムツゴロウシリーズ」の番組だった気がします。馬といえばサラブレッドと思っていたのですが、ばんえい競馬に登場する馬たちの大きさ、足の太さ、重量感、逞 ...
 
 
 
雪に願うこと (シャーロットの涙)
東京国際映画祭でグランプリ、監督賞、最優秀男優賞、観客賞の四冠を受賞・・・ もとは農耕馬だったという輓馬(ばんば)たちが数百キロ以上もあるソリを曳きながら障害を越える、北海道の開拓精神が生んだレース“ばんえい競馬” 息が白く立ち上るその映像から ...
 
 
 
『雪に願うこと』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
しんみりしつつも、温かな気持ちになれる。 人生というレースは勝ち負けじゃない。 帯広のばんえい競馬場でなけなしの金をすってしまった男・矢崎学が、調教師の兄・威夫を厩舎に訪ねる。東京で成功を収めていたはずの弟の13年ぶりの帰郷。地域ならではのもの ...
 
 
 
映画「雪に願うこと」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「雪に願うこと」 北海道特有の障害物レース“ばんえい競馬”を舞台に、人生に挫折した青年の再生や兄弟の絆を描く。 東京で事業に失敗した学(伊勢谷友介)が向かった先は捨てたはずの故郷。“ばんえい競馬”の調教師をしている兄(佐藤浩市)の元で ...
 
 
 
雪に願うこと/根岸吉太郎 (航  海  記)
 なかなか劇場で映画を観るという機会も少ないのですが、雨の銀座へ、根岸吉太郎監督
 
 
 
雪に願うこと (映画評論家人生)
動物園前シネフェスタ 根岸吉太郎の名を世に知らしめたのは薬師丸ひろ子主演の「探偵物語」だったように思う。松田優作と共演しているが、テレビの「探偵物語シリーズ」とはまったく関係はない。テレビシリーズが
 
 
 
雪に願うこと (ネタバレ映画館)
 こいつぁ~ヘモだな。痛いだろうから屁もこけない・・・
 
 
 
雪に願うこと (まつさんの映画伝道師)
第477回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  ある地方競馬場がゆくゆくは閉鎖される運命にあったある地での話。  競馬場の前で食堂を営んでいるおばさんは、競馬場が閉鎖されたら食堂も閉めなければならないかも知 ...
 
 
 
【劇場鑑賞56】雪に願うこと (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
傷ついた心を抱いて、帰ってきた故郷 輓馬(ばんば)の厩舎を営む兄 13年の空白の中で、見失った大切なもの 傷ついた心 北海道の大地の上、 人のぬくもりに触れ、 また、歩き出す・・・。
 
 
 
雪に願うこと (CinemA*s Cafe)
http://www.yukinega.com/ 東京でIT企業を起こしていたらしい弟が、挫折し、傷心でふるさとの北海道へと戻ってきたところから始まるこのお話。 13年間連絡をとっていなかった兄との再会。どんな風の吹き回しだと
 
 
 
家族と再生の物語 (藻、たくさんの日々。)
昨日は、映画を観に池袋へ。 池袋まで足をのばすときは、だいたい新文芸座にて二本立てです。 はじめに観たのは、「雪に願うこと」。 東京国際映画祭でグランプリを獲得した作品です。 前に来たときに予告でみて、ぜひ観たいと思っていました。 北海 ...
 
 
 
雪に願うこと (八ちゃんの日常空間)
YUKI NI NEGAU KOTO [TOHOシネマズ六本木ヒルズ/ART SC/TOHOシネマズ セレクト2006年 邦画傑作選] 公式サイト 『傷ついた心 北海道の大地の上、人のぬくもりに触れ、また、歩き出す――。』 映画が終わってびっくり。ベビーカーを押したヤンママの数の多さ。ロビー...
 
 
 
雪に願うこと [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「雪に願うこと」         (根岸吉太郎:監督)    事業に失敗し、故郷である北海道・帯広に帰ってきた学(伊勢谷友介)は、  「ばんえい競馬」の馬を世話している兄(佐藤浩市)のもとで、  ともに馬の世話をすることになり――。  いやー...
 
 
 
『雪に願うこと』 (Sweet* Days)
雪に願うこと プレミアム・エディション 監督:根岸吉太郎 CAST:伊勢谷友介、佐藤浩一 他 STORY:東京で事業に失敗した学(伊勢谷友介)は、兄や母親のいる故郷の北海道、帯広に帰ってきた。そこでは兄、威夫(佐藤浩一)がばんえい競馬の馬の世話をしていた・...
 
 
 
『雪に願うこと』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ東京での成功を夢見て故郷と家族を捨てた矢崎学(伊勢谷友介)だが、事業に失敗し全てを失ってしまう。行き場を失った学は、故郷の帯広で“ばんえい競馬”の厩舎を営む兄・威夫(佐藤浩市)の元へ13年ぶりに戻るが・・・。感想伊勢谷友介強化月間第3弾!今月3...
 
 
 
雪に願うこと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『傷ついた心 北海道の大地の上、 人のぬくもりに触れ、また、歩き出す―。』  コチラの「雪に願うこと」は、第18回東京国際映画祭で史上初となるサクラグランプリ・監督賞・最優秀男優賞・観客賞を受賞した作品です。ちなみに、TIFFで邦画がグランプリを受賞する...