goo

「ブラッド・ダイヤモンド」 Blood Diamond

劇中の台詞にも出てくるように、神すらも見放したかのように思えてしまう土地アフリカで繰り広げられる所謂「紛争ダイヤ」をめぐって、大きなメッセージ性を持たせつつ、微妙なバランスの上でエンターテイメント性もうまく引き出して展開する社会派サスペンスアクション作。

過去の凄まじい体験を経て冷酷な密売人としてアフリカを生き抜いてきつつ、そこからの脱出を願うアーチャー。
かけがえのない家族を奪われ、自分の死をも厭わず息子の奪還を目指す漁師のソロモン。
そして多くの企業や国家が関わる理不尽な紛争ダイヤの実態を暴こうとする女性ジャーナリスト、マディー。

そうした自由への欲求、家族への愛、真実への追及といった三者三様の思いを『ピンク・ダイヤ』という大きなダイヤモンドとともにひとつに向かわせるストーリー展開は巧みだと思ったし、演じた役者もそれぞれが好演し、アフリカの大地を感じさせる素晴しい音楽も含めて見応えのあるものとなっていた。



ただ、その背景として描かれる映画の中での現実は、T.I.S.(This is AFRICA) と括るにはあまりに辛過ぎた。
特にここまでやる必然性があるのかと思うほど徹底的に繰り返される無防備な女性や子供たちへの殺戮シーンには、現実のひとつの側面なのだろうけれど、何故にそこまでという思いで強く胸が痛んだし、映画『イノセント・ボイス 12歳の戦場』にも登場してきた少年兵という現実にも改めて考えさせられもした。

そして劇中、アーチャーが紛争地で取材するマディーに、「ミネラルウォーター片手にラップトップ・コンピューターで高みの見物かい云々」といったシニカルな言い方をしていたけれど、それっていうのは案外、制作者たちの自虐的な想いであると同時に、のうのうとスクリーンに向かい合っている観客に向けられた皮肉なのかもしれない。



それはさておきディカプリオは、あのディカプリオがといった意味では確かに好演していたと思うし、彼が主演することによって結果的に多くの観客が劇場に足を運び、こうした「現実」を知ること自体は良いことだとは思うけれど、そんなに演技が素晴しかったかというといささか疑問。
それに彼自身に罪はないけれど、アーチャーは過酷な過去によって非情な密売人となったアンチヒーローのはずだけど、ディカプリオが演じるとどうしても最初から良い奴に思えてしまう点もいささか食い足りなかった。

そしてさらに加えるなら、こうしたアフリカの様々な出来事や問題を娯楽作品の題材に持ってくることに対しての危うさというか、不快な違和感も少なからず感じ、どこか居心地の悪さも感じてしまったのだ。ウーム。



今日の1曲 “ Solomon Vandy ” : James Newton Howard

とにかく久しぶりに唸ってしまったジェームズ・ニュートン・ハワードの手によるサウンドトラック。
『バットマン ビギンズ』、『キング・コング』、『インター・プリター』などでも音楽を担当していた人だときくと、なるほどと思うけれど、それにしてもアフリカの赤い大地、そして色彩感溢れる風景すら見えてきそうなエモーシャルなスコアの数々には圧倒されてしまった。まさにお見事のひと言。
"Crossing the bridge", "London", "Solomon Vandy", "I can carry you" 4曲が編集されているこのクリップを見て聴いてもらうと多少わかってもらえるかも。
ということで是非コチラを。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 37 )
« 「玉とみ」な夜 「中国行きの... »
 
コメント
 
 
 
突然のコメント失礼します。 (平々凡々)
2007-04-10 16:47:04
ブラッドダイヤモンド、観に行ってみたいんですよ!
結構面白そうじゃないですか?
 
 
 
こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-11 14:51:47
ハリウッドは映画のネタに困って、アフリカに目をつけた・・・・ような気もしています。
こういう現実があるんだということを学ばせてもらうのはいい事なのですが、あまりにアフリカネタが多過ぎますよね。
 
 
 
こんにちは (kira)
2007-04-13 13:55:56
音楽、とっても良かったですよね!
観賞後はずっと聴いてなかったエニグマやシークレット・ガーデン等を取り出して聴きましたが
このサントラ、やっぱり欲しいです。
"Music Video"これを観ててもまた泣けてきますね。
いつもリンクで倍楽しませて下さって有難うございます
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ブラッド・ダイヤモンド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レオナルド・ディカプリオが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたこの映画。公開日が待ち遠しかったよぉ~【story】ダイヤモンドの価値は『4つのC』で決まると言われている―『color・色』『cut・カット』『clarity・透明度』『carat・カラット』しかし、実は5つ...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
話題の大作という事で言えば「ディパーテッド」より断然この作品ッ。近年、アフリカを舞台にした社会派系の話題作が数多く公開されてますが、この作品もそんな中の1つとして位置付けることは出来るでしょう。方向性としてはハリウッドの超がつく娯楽大作ではあるけど、物...
 
 
 
人間は誰もが皆同じ。『ブラッド・ダイヤモンド』 (水曜日のシネマ日記)
ダイヤモンドの密輸を巡り、1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの、激しい内戦を描いた映画です。
 
 
 
『ブラッド・ダイアモンド』 (Sweet* Days)
監督:エドワード・ズウィック CAST:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー 他 アカデミー賞主演男優賞、助演男優賞 他ノミネート STORY:1999年、アフリカ、シエラレオネ。ダイアモンドを巡る内戦で反政府軍によって家族と...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (そーれりぽーと)
またまたまたアカデミー賞を逃したレオちんの『ブラッド・ダイヤモンド』を観てきました。 ★★★★ 『ディパーテッド』の時にも書いたけど、レオナルド・ディカプリオはスターっ気が抜けてほんと良い俳優になったよなぁ。 今までレオちんの演技に共感できた映画って、思...
 
 
 
「 ブラッド・ダイヤモンド / Blood Diamond (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : エドワード・ズウィック 出演 : レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・
 
 
 
「ブラッド・ダイヤモンド」:日の出桟橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}日の出という名がつきながら、こう、どんよりした空模様の日の出桟橋に立つと感慨深いものがあるな。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}いや、アフリカの日の出はいつ来るんだろうって思ってさ。 {/hiyo_en2/}まあ、最近は「ホテル・ルワンダ」とか「ナ...
 
 
 
映画~ブラッド・ダイヤモンド (きららのきらきら生活)
 「ブラッド・ダイヤモンド」公式サイト本年度アカデミー賞、主演男優賞ノミネート作品1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派アクション映画。ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、巨大なピンク・ダイヤ...
 
 
 
『ブラッド・ダイヤモンド』 (ラムの大通り)
(原題:BLOOD DIAMOND) ----あっ、ディカプリオだ。 確かゴールデン・グローブの主演男優賞部門で 『ディパーテッド』とWノミネートされたんだよね。 「そう。またまた逃してしまったけどね。 この映画を観る限り、かなりいいところまで行ってるんだけどな」 ----『ブラ...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (悠雅的生活)
 一粒のダイヤモンドが、男たちの運命を変える。
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (ネタバレ映画館)
 I am a cameraman.
 
 
 
感想/ブラッド・ダイヤモンド(試写) (APRIL FOOLS)
おもしろいけどバランス悪っ!なダイヤ物語『ブラッド・ダイヤモンド』4月7日公開。内戦が続くアフリカの小国シエラレオネ。反政府軍に連行され、ダイヤの採掘現場に放り込まれたソロモン・バンディーは、超レアものダイヤを発見! 黒幕の命を受けてダイヤを狙う密輸ハン...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (things4u)
☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう~☆↑ こちらもとっても楽しみにしていた1本「Blood Diamond」(邦題:ブラッド・ダイヤモンド)。 90年代。内戦渦中のアフリカ、シ...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
エドワード・ズウィックのベスト。 アフリカの紛争地帯を舞台に、巨大なピンクダイヤモンドを巡る冒険を描いた社会派サスペンス大作だ。 アフリカ、内乱下のシエラレオネ、1990年代。 滅亡した白人国家ローデシア出身のダ
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】 ★★★★★ 血塗られたその輝きが明かすもの 
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Blood Diamond”監督=エドワード・ズウィック。脚本=チャールズ・レビット。 タイトル「血のダイヤ」は別名”conflict diamond”(紛争ダイヤモンド)とも呼ばれ、不法取引されたダイヤで得た資金で武器が購入され、武力紛争をエスカレートさせている。☆☆☆★★★
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (Akira's VOICE)
石言葉は「永遠の絆・純潔」
 
 
 
「ブラッド・ダイヤモンド」 (雑板屋)
乾いた大地と血が交じり合う瞬間に・・・興奮の鳥肌! 少年兵らも奮闘する銃撃戦が、まるで自分に向けての低視線の接近戦のように感じられて・・・。 作品自体が真実を伝えようとするジャーナリズム魂が端々に感じられたので、非常に好感が持てた。 家族と平和を愛し...
 
 
 
映画 【ブラッド・ダイヤモンド】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブラッド・ダイヤモンド」 1990年代後半、激しい内戦のアフリカはシエラレオネを舞台に、ダイヤモンドの不正取引を描いた社会派サスペンス映画。 ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、巨大なピンク・ダイヤを隠し持つ...
 
 
 
映画「ブラッド・ダイアモンド」 (don't worry!な毎日)
 去年見た「ホテル・ルワンダ」、 今年になって見た「ダーウインの悪夢」、DVDで見たのは「ナイロビの蜂」、 そしてこの「ブラッド・ダイアモンド」。    争いの苦しさや、 欧米の理不尽さへの単純な怒り(そんなひと言で書けてしまうのがイヤなんだが)や、...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (to Heart)
原題 BLOOD DIAMOND 製作年度 2006年 上映時間 143分 監督 エドワード・ズウィック 出演 レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/アーノルド・ヴォスルー 自由― 家族― 真実― 彼らはダイヤに、それぞれ別の輝きを見た{/hikari_bl...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (シャーロットの涙)
ダイヤの輝きの裏に秘められた真実と、何ものにも代え難い自由と絆・・・
 
 
 
『 ブラッド・ダイヤモンド 』 (My Style)
週末、 『 ブラッド・ダイヤモンド 』 を観た。 紛争や少年兵、全国民ホームレスな難民キャンプなどのアフリカが抱える 深刻な問題をいやが上にも目の当たりにしつつも、サスペンス&アクション ありな社会派ムービー!だった{/good/} 1990年代後半の内戦下のアフリカ、...
 
 
 
キングコングの西野と梶原 彼女とは?? (ちょっとした話題を先駆け!)
キングコングは西野と梶原の二人のお笑いコンビ。キングコングの西野の方が彼女との熱愛の噂など話題になっていますが今回はキングコングの梶原のお話です。
 
 
 
映画「ブラッド・ダイヤモンド」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド☆自由・家族・真実、3つの願い。 (銅版画制作の日々)
ひとつのダイヤ3つの願い、そして100カラットの感動(MOVX京都にて鑑賞。)自由 FREEDOM ダニー・アーチャーダイヤ・・・・それは、現実から脱出するための“チケット” 1999年、内戦が続くアフリカのシエラレオネ共和国で、ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカ...
 
 
 
【ブラッド・ダイヤモンド】 (+++ Candy Cinema +++)
【 英題:BLOOD DIAMOND 】 監督    ≪エドワード・ズウィック 脚本    ≪チャールズ・リーヴィット 製作年度 ≪2006年 日本公開 ≪2007年4月7日 上映時間 ≪2時間23分 製作国   ≪アメリカ 配給   
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  内戦が続くアフリカのシエラレオネ。そこではRUFと呼ばれる反政府軍が、まるで戦国時代の野武士の如く、略奪と殺戮を繰り返していた。彼等の資金源はダイヤであり、これを密売して武器を購入するのである。  こうしたルートで取引されるダイヤを紛争ダイヤ...
 
 
 
真・映画日記『ブラッド・ダイヤモンド』 (CHEAP THRILL)
4月12日(木)◆409日目◆ 終業後、有楽町の「サロンパス・ルーブル丸ノ内」で『ブラッド・ダイヤモンド』を見る。 主演はレオナルド・ディカプリオ。 他、ジェニファー・コネリーにジャイモン・フンスーが出演。 ダイヤの密輸業者ダニー(レオナルド・ディ...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (It's a Wonderful Life)
実はそんなに期待してなかったんですけど、 なんのなんの、かなり骨太の力作で 2時間半ある上映後はいい意味でどっと疲れました。 普通に暮らす人でさえ命を落とさない方がラッキーに見える 10年ほど前のアフリカのシエラレオネ紛争。 恐ろしさや怒りを感じさ...
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (八ちゃんの日常空間)
というわけで、本年度劇場観賞80本目は、待ちに待ったブラッド・ダイヤモンドが公開です!もちろんカウントダウン上映で0時スタート(まるでウインドウズの発売開始みたいだなっ!)
 
 
 
『ブラッド・ダイヤモンド』 (京の昼寝~♪)
[自由][家族][真実]彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た     ■監督 エドワード・ズウィック ■脚本・原案 チャールズ・レビット■キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノ...
 
 
 
《映画》 ブラッド・ダイヤモンド (古谷千秋の食い倒れ日記)
ユナイテッド・シネマ豊洲にて『ブラッド・ダイヤモンド』を鑑賞。内戦が続く1999年のアフリカ、シエラレオネを舞台に戦争の元凶と言われる「紛争ダイヤ」をテーマにしている。ここのところ、ホテル・ルワンダ、ナイロビの蜂、ルワンダの涙など、アフリカを舞台にした素晴...
 
 
 
☆ 『ブラッド・ダイヤモンド / BLOOD DIAMOND』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
ダイヤモンドと云えば、永遠の愛の象徴――と思ってきたけれど、その輝きの裏側には、紛争の資金源となる血塗られた石という顔もあるんだということを、恥ずかしながらこの作品で初めて知りました…。 かくいう私もダイヤモンドを一応持っているけれど、それはどこから...
 
 
 
映画「ブラッド・ダイヤモンド」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ブラッド・ダイヤモンド」に関するトラックバックを募集しています。
 
 
 
ブラッド・ダイヤモンド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ダイヤの価値を決める“4つのC”── color 色 cut カット clarity 透明度 carat カラット しかし、実は5つめのC<conflict 争い>が存在することを、あなたは知る── [自由][家族][真実]──彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た』  コチラの「ブ...
 
 
 
【映画】ブラッド・ダイヤモンド…娯楽性とメッセージ性の塩梅が良いんじゃない? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}は深夜までお仕事{/face_hekomu/} 今日{/kaeru_rain/}は朝から理髪店(山口県)に行ってまいりました。急に髪の長さが1/3ぐらいになったから寒いです{/hiyo_en1/} 明日こそは年賀状{/mail/}書かないと{/ase/} さて、本日は映画レビュー。 これで鑑賞...