goo

大人のというか、大人げないBBQ @ 初秋のガレタッソ


以前からやりたいね、やりたいねと言いつつ、誰も具体的に動かないままだったガレタッソのBBQパーティが、絶好の天候に恵まれたこの前の日曜日、ついに行なわれた。



そして単に 「 焼き肉、焼き焼き、焼きそば、ジュージュー 」 的なバーベキューは、大人なんだから避けようぜ、と言いつつ、これといった妙案も浮かばず、ならばと肉の調達を卸しをやっている利平くんにお願いしたところ、バラエティ豊かに極上の肉が揃う、揃う・・・、さすがであります。




加えて、「 箸一 」 の橋本くんに頼んで、能登は輪島の活きサザエを調達してもらい、あまりの活きの良さに、いたるにそそのかされ、前日に肝醤油を作り刺身でつい食べてしまったほど(笑)




そんな中で始まったBBQだったけれど、お願いしたわけではないけれど、多くの人たちがいろんなものを持ち寄りしてくれて、エスニック感たっぷりなクスクスサラダとか、見た目にも美しい本格的なパエリアだとか




まるで宝石箱や~!と言いたくなるなゼリー寄せや、新米の旨さ伝わる美味しいおにぎりや




福井の九頭竜の鮎だとか、さらには何と松茸まで登場して、いやはや、テンションがあがる、あがる!




もちろん、極上カルビやホルモンもごっつう旨かったらしいし(食べてない!:泣)、




こんな風にドカンとかたまりで焼くと、より肉々しくて、BBQの醍醐味を満喫だったのでありました。




箸休め的にも、これ以外にもいろんなものがあったなぁと、撮り忘れの多さに気づき、ご容赦のほどを願います。




加えて、今回大活躍したのが、ほーちゃんが持って来てくれたダッチオーブン。
鶏の丸焼きなんて、あらよっと出来てしまうし




前日からオケちゃんにお願いしてタイの特製スパイスに漬け込んでもらっていたチキンもすこぶる旨し!



さらに、さらに、期せずしてこの日のメインイヴェントとなったのが、ルーカスの七面鳥。



朝から準備し、店のオーヴンで焼くこと3時間半、まぐれとしか言いようのない見事な火の通り具合と焼き色加減に、一同すっかり盛り上がってしまったのでありました。



ともあれ、お昼の12時から夕方6時近くまで、道行く人たちの好奇な目も何のその(というか、ご迷惑おかけしてすいません)、それはそれは楽しい会だったのでありました。



そして何も言わないままに、ひたすら野菜などの仕込みをしてくれ、会が終わったら終わったで果てしなく続く洗物や後片付けを快くしていただいたみなさんに強く強く感謝だったのでありました。
本当にありがとうございました。



次回はいつになるか全く未定ですが、忘れた頃にまた是非やりたいなと、ついそんな余韻を感じさせるパーティでだったのでありました。
参加した皆さん、どうもお疲れさまでした。



今日の1曲 “ How Sweet It Is ” : Jerry Garcia Band

もともとはマーヴィン・ゲイの持ち歌であり、ジェームス・テイラーのカヴァーヒットで知られる曲ですが、ガルシアのこのカヴァー、本当に心地良く、いつもつい聴き入ってしまいます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 業務連絡とい... 「 味噌ラーメ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。