goo

「八日目の蝉」





不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、警察に逮捕されるまでの4年間にわたりその子を我が娘として強く愛し続けた逃亡生活の顛末と、そんな誘拐犯に育てられた少女がやがて大学生へと成長したのち、果てしなく遠く感じていた自らの過去と向き合う姿を描いた直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーの映画化作品。



止むに止まれぬ誘拐犯ながら一人の母親として精一杯生きようとする希和子の娘に対する無償の愛を貫くその姿は、永作博美の驚くほどの演技、そしてそれに応える薫に扮する子役の渡邉このみのキュートこの上ない演技によって、本来あってはならない偽物の親子関係が(そのかけがえのない4年間を奪われた本物の母親の立場もあわせて描きつつ)まるで本物の親子へと昇華していくように感じさせ、そしてそこには終わりが待っていることも見る側が知っている分、何とも切なく感じさせるのだ。



そして物語はそうした過去の時間軸と育ての母親との出来事を少しずつフラッシュバックで描き、大学生となった恵理菜(扮する井上真央もまた好演!)が改めてそれまで遠ざけていた自分の過去と向かい合い、見つめ直し自らの運命を受け入れていく過程を丁寧に描いて進行する。



そんな中、逃亡の果て、小豆島で束の間の安息生活の中で描かれる中山千枚田の虫送りのシーンの美しさに思わず落涙。



限りなく個人的なことではあるけれど、初めて子供を授かりその誕生に立ち会った際、世の中に「無償の愛」というものが実際にあるんだと強く意識させられたものだけど、立場は違えどそれぞれの女性のそれぞれのそうした愛が見事に描かれていて、かなりかなり心に染みたのでありました。


そして観終わった後、冒頭の裁判のシーンで希和子が無償の愛で包みこめることが出来た薫との4年間を振り返って、決して謝罪することなく感謝の気持ちを述べる理由が見事に伝わってきました。



ただ、原作も脚本も女性ということもあって、どうしたって女性目線であるこの作品、加えて絶妙な薄っぺら男に扮する劇団ひとり、そして全く存在感を感じさせないよう演じた田中哲司、それぞれの怪演によって、男の立場から見ると、何とも堪らん映画だったりもしたのでありました。う~む


まあそれはさておき、最近の日本映画の中では多分間違いなく骨太で見応えのある作品なので、機会があれば是非!
特に女性にはかなりオススメであります。




今日の1曲 “ 空に星があるように ” : 荒木 一郎 

中島美嘉が歌う主題歌も悪くはなかったけれど、印象に残るのはやはり永作博美が劇中で口ずさむこの曲。
二人の母親と娘をつなぐエピソード、そして歌詞の世界観、見事な選曲でありました。
<訂正>
と、書いたところ、そのシーンで歌われたのはこの歌ではないですよ、とご指摘を受けてしまいました。
そういえば、そうでした。
ということで、実際にはどんな歌が口ずさまれていたのかは、劇場にてご確認ください。
どうもスイマセン。ペコッ

コメント ( 9 ) | Trackback ( 18 )
« 宇宙志縁隊 ... 5月の旬を味... »
 
コメント
 
 
 
こんにちは (ナドレック)
2011-05-02 12:54:37
この作品、男優さんもよかったですね。
おっしゃるとおり、劇団ひとりさんの薄っぺらさ、田中哲司さんの存在感のなさが絶妙でした。
 
 
 
星の歌 (えい)
2011-05-02 13:53:38
こんにちは。
ぼくは荒木一郎のこの歌は大好きです。
ただ、この映画で歌われていたのは
この曲ではなく、
最近よくかかる、あの歌(ネタバレになるので伏せます)です。
 
 
 
◇ナドレックさんへ (nikidasu)
2011-05-02 17:27:30
その素晴らしい女優たちの演技に陰に隠れている分、目立たないけど、
なんとも情けない役どころをきっちり演じた二人にも拍手です。

ただ、わかってはいるけれど、男として忸怩たる思いもあったりしました。
 
 
 
◇えいさんへ (nikidasu)
2011-05-02 17:29:52
あっ、そうでした。
言われてようやく気付きました。
ご指摘、どうもありがとうございます。
それにしても、心にぐっとくるシーンではありました。
 
 
 
ダメ男 (古井戸)
2011-05-04 21:05:35
わたしは昨日、長女と見に行き、帰りの車の中で激論。この映画、男女で批評し合うのは、無理のようです。わたしは、映画評でも書いたように誘拐した女性には共感しなかった。わたしの長女は奪われた母親に同情・共感していました。この映画、続編が必要なのではないでしょうか。
 
 
 
◇古井戸さんへ (nikidasu)
2011-05-05 10:09:01
男の立場からすると、ここで描かれている男たちは何とも情けない存在なのですが、もともとここで描こうとする主題に対してはひとつの記号的役割でしかないので、これうした描かれ方そのものは致し方ないのかも知れませんね。

そして誰に感情移入できるかというよりも、止むに止まれぬシチュエーションに陥った際、人間の(善悪を超えた)心の中にあるそれぞれの思いが伝わってきたといった点で、私はこの作品を原作を含めて評価したいと思います。
 
 
 
善悪の彼岸 (古井戸)
2011-05-05 11:33:25
おっしゃるとおりだと思います。わたしは、誘拐した女性、された女性、極めて近いところにいる、同じエゴの裏表、だとおもいます。したがって将来和解のチャンスはある、と。子供は誰のものか?法律や生物学をこえたところにしか答えがないとすれば。
 
 
 
Unknown (はる)
2011-05-09 15:14:56
原作は、読売新聞掲載の時から夢中で読んでいました。単行本になって、また読み直して…。原作は角田さんの中でも逸品です。うまいです。
映画はこれまた、じょうずな方たちを配置されました。情けない男の人たちや(言い訳はみな同じ)、
普通に生きられなかった女のひとたちの哀しみ。
こと恋愛の顛末は誰のせいでもなく、自分の生きざまだと思います。それぞれの生きざまでした。
 
 
 
◇はるさんへ (nikidasu)
2011-05-11 12:32:19
仰る通り、その人その人が持つ「止むに止まれない感情」が
丁寧に配置されたプロットとともに幾重にも重なり、
>普通に生きられなかった女のひとたちの哀しみ
が見事に描かれた秀作だと思います。

角田作品はさほど読んでいないのですが、改めて読んでみたくなりました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子 (カノンな日々)
直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ...
 
 
 
『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...
 
 
 
『八日目の蝉』 (ラムの大通り)
---- この映画、前に行ったとき 満員で入れなかったってヤツだよね。 「うん。とにかく人気が高い。 原作が角田光代の代表作にしてべストセラーだからかなと思ったけど、 これは見事に映画になっていたね」 ----映画になっていた…どういうこと? 「簡単に言えば、 映画と...
 
 
 
八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ....
 
 
 
『八日目の蝉』 (2011) / 日本 (Nice One!!)
監督: 成島出 出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司 公式サイトはこちら。 原作読了しています。 もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくなり、挫折。f^^; ですのでこれは一気に読みたかったし、そして映画化...
 
 
 
2011年3月24日 『八日目の蝉』 一ツ橋ホール (気ままな映画生活)
震災後初の試写会鑑賞です。 今までとは違う何かを感じて・・・ 『八日目の蝉』 【ストーリー】  子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、...
 
 
 
八日目の蝉 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
公式サイト母性というものの無条件の強さを感じさせる物語だ。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。不倫相手の ...
 
 
 
八日目の蝉  監督/成島 出 (西京極 紫の館)
【出演】  井上 真央  永作 博美  小池 栄子 【ストーリー】 不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の子を出産したことを知る。「赤ちゃんを一目見たい、見たらけじめがつけられる…」夫婦の留守...
 
 
 
「八日目の蝉」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/松竹=日活・配給:松竹監督:成島 出原作:角田 光代脚本:奥寺 佐渡子 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、「孤高のメス」の成島出監督により映画化。脚本は「時をかける少女」
 
 
 
成島出監督 「八日目の蝉」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
原作を読み終わった時から、観たくて観たくて、しょうがなかった映画。 映画の日には映画館が満席で悔しい思いもしました。 そして今日、やっと公休 朝、早起きをして観てきました(^-^)v ふ、不覚! 原作も読んでて、冷静に観てるつもりだった筈なのに… な...
 
 
 
■映画『八日目の蝉』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった...
 
 
 
八日目の蝉 (to Heart)
優しかったお母さんは、 私を誘拐した人でした。 上映時間 147分 原作 角田光代 脚本 奥寺佐渡子 監督 成島出 出演 井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/渡邉このみ/劇団ひとり/風吹ジュン 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その...
 
 
 
『八日目の蝉』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チ...
 
 
 
八日目の蝉/子を持つ親として (映画感想 * FRAGILE)
八日目の蝉2011年/日本/成島出失われた4年間を取り戻す旅。 あらすじ:不倫相手の子供を中絶した野々宮希和子(永作博美)は、本妻である秋山恵津子(森口瑤子)が生んだ赤ん坊を盗み、逃亡する。希和子の不倫相手は、恵理菜の父、秋山丈博(田中哲司)である。希和...
 
 
 
八日目の蝉/子を持つ親として (映画感想 * FRAGILE)
八日目の蝉2011年/日本/成島出失われた4年間を取り戻す旅。 あらすじ:不倫相手の子供を中絶した野々宮希和子(永作博美)は、本妻である秋山恵津子(森口瑤子)が生んだ赤ん坊を盗み、逃亡する。希和子の不倫相手は、恵理菜の父、秋山丈博(田中哲司)である。希和...
 
 
 
八日目の蝉 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...
 
 
 
八日目の蝉 (映画的・絵画的・音楽的)
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っているの...
 
 
 
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ...