野の花だより **

ゆっくりゆっくり
いまこのときを慈しみ
暮らしてゆきたいなぁと思います。

世界の片隅で優しさを叫ぶ(*^-^*)

2011年05月20日 | あしあと
みなさ~ん、
優しい人がいっぱいなんです~~~~
と、私、みんなに伝えたいです。

優しい人の優しい心にふれて
私の心がふるえる
ふるえるたびに、ちょっぴりずつでも
その優しさに近づけたらいいな
そう願うほどの
優しい人の優しい心。

この記事をはてなブックマークに追加

今月の絵本

2011年05月20日 | あしあと
今月は三年生さんの学級で読み語り。

童話館さん配本の
『おとなしいめんどり』。
福音館書店さんの
『ばばばあちゃんのおはなし のいちごつみ』。

『おとなしいめんどり』、
リズムよく描かれる物語に、
どんどん引き込まれていって、
しまいには、え!(・o・)わはは愉快愉快O(≧∇≦)oとなる
大好きなおはなし。
こども達も、すっかり入り込んで聴いてくれました。
しばらく、男の子も女の子も、口々に、思いをつぶやいてくれていて、
そのつぶやきを楽しく聴きました。


つぎは‥。
ばばばあちゃんのシリーズは人気ですネ。
たくさん持参した絵本から
「次はみんなのリクエストで読むね(*^-^*)」と
みんなのリクエストの拍手の大きさで選んだのが、この絵本です。

またたくまの20分。
毎月お楽しみにしているひとときです。


終わってから、
図書室で、ボランティアのみなさんとおしゃべり。
どんな本、読んだ?
〇年生はどんな様子だった?
など、情報交換したり、
わからないことを語り合ったり。
毎回、嬉しい時間です。

この記事をはてなブックマークに追加

ふわふわ

2011年05月20日 | あしあと
羊毛を、ぷすぷす♪つんつん♪
まあるくまあるく、ぷすぷす♪つんつん♪
まんまるちゃんになる前の子たち。

羊毛のふわふわも
優しい色合いも
まあるいまあるい形も
眺めると、にっこりほっこり。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ハッキリ色

2011年05月14日 | あしあと
変化にときめいていること。

この春は、ハッキリ色にときめいているんです(*^-^*)

白いブラウスチュニックに
デニム
そこに
ハッキリ色のピンクのカーディガンを合わせて
足元はピンクのバレエシューズ。

白と紺のボーダーに
デニム
グリーンのカーディガンを羽織り
グリーンのシューズ。

みたいに
前なら着なかったハッキリ色が
とってもマイブーム。

一番落ち着く定番カラーに
ハッキリ色を合わせて
ときめいています。

春からは、大好きなバレエシューズも楽しめて嬉しく、
ささやかにおしゃれ心、楽しんでいます(*^-^*)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

活かさせていただけること

2011年05月14日 | あしあと
どうやったら
自分を活かして使っていただけるだろうか

そう思うと
心がふくらむ。

だれかのために
なにかのために
活かさせていただけたら
嬉しくて、ありがたいよぉと思う。

それは
出逢い
めぐりあわせ
ご縁
活かさせていただけることが
「ありがとう」のこと。

この記事をはてなブックマークに追加

お与え

2011年05月14日 | あしあと
「障がい」に向き合う昨日、今日。

でも、私
明るく見つめるよ。

一緒に生きてきて
いまがあり
一緒に生きてゆく
これからの愉しみ、恵み、幸せがある。

「障がい」があるから、
同じ立場の人の心に
思いをはせることも
声をかけあうことも
代弁することも
できるって
昨日、今日の出会いに、
また改めて思う。
これもありがたいお与え。

この記事をはてなブックマークに追加

たより

2011年05月10日 | あしあと
郵便屋さんが
葉祥明さんのきれいな絵葉書を届けて下さいました。
それだけでHAPPYになります。
「うれしかったこと♪ありがとうの気持ち♪Diary」の
今日のところに、
Tちゃんからはがきをいただいて嬉しい(*^-^*)
と書き込みます。


そして私もはがき。
にわぜんきゅうさんの
「ありがとう 元気です」の言葉の絵葉書を選んで
日曜日にお目にかかれたお医者さまに
おたよりを書きました。
会えて嬉しかったこと。
温かな笑顔をいただいて嬉しかったこと。
こども達の近況と、
そして私が楽しく暮らしていること。
伝えたかったです。


大震災以来、前にも増して、思っていることがあるんです。
気持ちを、そのときに伝えよう‥ということ。
ありがとう。
嬉しい。
大切。
私、こんなふうに思ってる。
‥そんな気持ちを。


今まで、
伝えられる気持ちは氷山の一角!みたいな私でした。
でも、例えば、今回、東北のお友達に、
今まで、ちゃんと伝えたことがなかったけど、
出会いやふれあいをいただいたことを、
宝物のように大切に思って、心から感謝していて、
今、元気でいてくれてありがとう、嬉しい、
どんなことでもお願いされたい、
そう思っている
って、まっすぐに伝えたくて、まっすぐに伝えました。
安否がわからないで、心配で心配でたまらないときがあったから、
よけいに、そうしたかったです。


素直に伝えることで
もしかしたら
まっさらな心が
哀しいことや苦しいことを味わうこともあるかもしれないけど
それでもやっぱり誠実に謙虚に‥
大切な気持ちを伝えたいって
前にも増して思うようになりました。


ありがとうの気持ちや
大切に思う気持ちを
伝えきれないことほど
哀しくて、悔やまれることは
ないです。

この記事をはてなブックマークに追加

恩人の先生

2011年05月09日 | あしあと
昨日は、私、ちょっぴり具合が悪かったのです。
顔色さえないし、あまり人に会いませんように‥の心境でした。

がっちゃんが助っ人。
お店のカートを押したり、品物を取ってくれたり、
レジでも助けてくれたり、
頼もしくそばにいてくれました。

そんな一部始終を、
少し離れたところから、
満面の笑みで見ていてくださる方に気がつきました。
本当にお世話になって、大好きなお医者さまです。
私に手術をしてくださり、
つらい時、私自身のいやな部分がいっぱい前面に出た時、泣いてる時、苦しんでいる時‥
たくさん先生にご迷惑をおかけしたと思います。
年々、感謝とお詫びの気持ちが深まる先生なのです。

よりによって、顔色さえず、具合が悪いときに‥です。
あぁ、元気ぴんぴんなら、どんなに安心していただけただろう。

でも、先生が、私に、
「二番目か?」と
尋ねてくださいました。
「はい、次男です」
と言うと、
私を護るように、そばにいて、助けてくれる、そんながっちゃんを、ずっと、優しいまなざしで見つめてくださり、
満面の笑みで、何回もうなずかれるように、
私たちを眺めてくださいました。

それが、
なんだか本当に嬉しかったのです。
温かなひとときが、余韻のように心に残りました。

今年は年賀状を失礼していました。
地震もあって、その後のたよりも失礼していました。
また、こども達の近況を、先生におたよりしたいなって
そう思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

おひさまから

2011年05月09日 | あしあと
実は、今週末、ひさかたぶりに「面接」とやらを受けます。
ちょうどそんな時、
朝、「おひさま」を見ていたら、
うわぁ、なんてすてきな考え方なんだろう(*^-^*)と感動したこと。

主人公陽子ちゃんが、師範学校の受験です。
陽子ちゃんは緊張しながら試験会場に向かっていました。
そこに、陽子ちゃんのお兄さん。
やっぱりガチガチになってるな~と微笑みながら現れます。
お兄さんが、陽子ちゃんの手にあった小さなノートをとりあげて、
これはもうおしまい。
ここからは気持ちの問題だよ。
陽子はきっと、みんなが優秀に見えて、不安になっているんじゃないかい?
あのね、こう思いなさい。
みんな、自分と同じ、先生になりたいってがんばっている友達。
友達と一緒にがんばろうって。


そんなふうな台詞でした。


今まで、
かぼちゃや玉ねぎだと思えばいい(*^.^*)とか
そんなふうなことを聞いたことがあったけど
このお兄さんのような考え方は初めて聴いて
嬉しい衝撃でした(*^-^*)

陽子ちゃんは
ガチガチの緊張がとけて
「一緒にがんばりましょ(*^-^*)」と
声をかけながら駆けてゆきました。

この記事をはてなブックマークに追加

いま

2011年05月09日 | あしあと
手帖をとりだして
わ!と思いました。
三月の二週目以降から、真っ白でした。
思いがけないことでした。
「うれしいこと♪ありがとうの気持ち♪Diary」と表紙に書いた手帖。
もちろんもちろん
三月の途中からも、うれしいことも、ありがとうの気持ちも、たくさんあったけれど、
あの日以来、手帖をひらく、手帖に書く‥そういう
心の様子じゃなかったんだなぁと
真っ白な手帖に思いました。


ようやく
そのことに気がつけた
それは
ようやく
手帖にうれしいことを書きとめようとできた
「いま」なのだなぁと気がつきました。


少し前に、天神さんにお参りしました。
天気のいい日に、こうちゃん、がっちゃん、主人と。
おみくじをひいて、いただいた言葉が、
正直ショックでした。
自分に思い当たるふしがあって、
痛いところつかれた(^-^;の類のショックです。
なので、神様からいただく言葉が、
とってもしみました。
タイムリーにしみました。
手帖が真っ白な心の様子の私にだからこそ、しゃんとするように、いただけた教えでした。


「心静かに諸事控え目にして
これまでの職業を守り
身を慎んで勉強なさい
そのうちに幸福の時が来ます」


「神様御相手に、世の為、人の為に尽くして徳を積め。
徳を積んで容器を大きくせよ。
神の賜える財宝なら永久に逃げはせぬ」


お財布に入れて、時々、読み返しています。

この記事をはてなブックマークに追加