虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

物作りで世界の国々の文かを味わう

2017-04-24 08:15:04 | 工作 ワークショップ

 

国立民族学博物館への遠足後の教室の様子です。

小学3年生のAちゃんが、民博で見たさとうきびを絞る機械を教室で作りたい、と

設計図をかいてきてくれました。えんぴつで描いていた図が写真によく見えなくて残念。

ストローでさとうきびを作りました。

緑のストローの蛇腹部分を半分に切って、ストロー同士を接続していきます。

以前、六角柱のおみくじを作った経験から、立体を作るのが上手になってきました。

今回は、円柱を作って、さとうきびを絞るためのローラーを作っています。

 

ヨーロッパのイコンに感動していた小2のBちゃん。

今回、教室では、「何もしたくない~」とぐたぐたしていたのですが、イコン作りを提案すると大乗り気でした。

Bちゃんがエランだネットの画像を参考にして、段ボールとクリアファイル、折り紙などで

作っていきました。

渾身の作。家に帰ってから、金色の部分をもっと飾り付けるそうです。

Bちゃんの作品をカメラ内の画像で見た他のグループの女の子もイコンを作っていました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔も今も変わらない子どもた... | トップ | 詰将棋に似た先を読む力を育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

工作 ワークショップ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。