虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

脳への入力の容量自体を大きくするということ 2

2010-03-09 07:48:55 | はじめに
今、幼児向けのさまざまな教材が販売されています。
+1 +2と繰り返させて暗記させていく教材は、ここがよくないと聞くと、
なら、
「絵が描いてあって具体的に見てわかるワークをさがしてこよう」
「文章題も載っているプリントをさがしてこよう」と、
教材のはしごをする方がいます。
ただ、どんなに足りない部分を補っても、
良いものを探しに行っても、ワークはワーク、
プリントはプリント、ビデオ教材はビデオ教材です。

パソコンやゲーム機に例えれば、「ソフト」のバリエーションを増やしたに過ぎないのです。

幼児期はハード部分を作る時期。
ソフトをインストールする「本体」自体の性能を大きくし、入力の容量自体を大きく
する時期です。

つまり脳そのものの機能を育てている時期には、
皮膚から、視覚から、身体全体から情報を取り込み、
さまざまな視点で物が考えられるように育っていかなければ
ならないはずです。

今これほど科学が発達し、コンピューター技術が進歩しても
ロボットの人工知能は、
人間の3歳児を越えることができないそうです。
人間の子どもは、反抗し、自分の意志を獲得し、失敗し、それから学びます。皮膚の温度からも、親のとの会話からも、日常のいたずらからも学習します。

一方、ロボットの人工知能は、外からインプットしていく情報をどんどん高速に処理できても、結局、人間の3歳児を超えられないのです。

それにもかかわらず、最近の幼児教育は、
親が自分の頭でイメージできる枠内で
子どもを賢くしようとするあまり、
わざわざこの能力が低い人工知能に対するような接し方ばかりしているように
感じます。

情報をわざわざ「プリントに印刷して」小さくして、
繰り返しインプットしていくという……
まるでプログラミングでもしている感覚で子どもに教育しようとしているからです。

何をインプットしたかという「ソフト」部分でなく、

どこからどれくらいの容量でインプットできるか、
他人の表情、ニュアンス、大気の温度などの情報も処理できるか、
自分の感情を感じ取ること、決断することといった部分がきちんと動作するのか……
そうした人工知能のまだ獲得できていない高性能な部分を可能にする「ハード」作りこそ大事ですよね。

そうした「ハード」の部分(脳のおおまかな回路)そのものは、幼児期にほぼ完成して、
そこからは、ずっとそれを使って、
さまざまなことをこなしていくことになるのですから。

○○法といった偏った幼児教育は、素人が世界最高レベルの技術者が組み立てている機械作りに
横からしょっちゅうぐちゃぐちゃと手直し(邪魔)
を加えているようなものです。

私たちは、この今の科学ではとうてい作り出すことがとうていできない

幼児期の脳が、自分で自分の脳を作り上げていこうとするシステムに対して

もっと敬意を払い、
それを一歩下がった位置から、手助けしていく必要がありますよね。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



web拍手を送る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳への入力の容量自体を大き... | トップ | 現代の子育ての大変さ  1 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして♪ (いづみ)
2010-03-09 11:21:07
いつも興味深く読ませていただいております。初めてコメントさせていただきます、いづみと申します。

> 人工知能まだ獲得できていない高性能な部分を可能にする「ハード」作りこそ大事ですよね。

同感です!人工知能をこういう視点から眺めるというのが大変新鮮でした。ありがとうございました。
Unknown (ななみママ)
2010-03-10 09:40:49
前回のブロック教室と、時間を私が間違えて算数教室にお邪魔しましたななみママです。
いつも興味深く拝見して、自分が暴走しそうになった時のブレーキや、軌道修正する気づきにもなっています。感謝しております。

娘が最近
「ブロック教室の先生のところに連れて行ってー」というようになったんです

もう数ヶ月もたっているのに・・??
今頃??(^_^;)

私が色々と口出しをしすぎて
ちょっとブロックから離れていた娘ですが
最近、幼稚園やレストランなどを作ってます


算数教室の募集があった時に、娘には
厳しいかな~と思って控えたのですが
申し込ませてもらったらよかったです


それから何故か最近、お月様がどうして自分をおっかけてくるか?
月はお昼はどこにいるのか?としきりに
私に聞いてきます。
正直、娘がこんな疑問を感じた事に
驚きましたし、とても嬉しいです。

以前、年長さんトリオのレッスン紹介で
月の事を記事にされていたのですが
その時には、うちの子には遠い話だなぁ・・と
しっかり見ていませんでした

私が説明をしすぎたり、また説明が長くて
わらかないと、また好奇心の芽をつぶしてしまいそうで、科学や自然の「どうして?」の質問には、自信がなく答えられないでいます・・。
(私の苦手の分野ということが最大の理由・・)

小学校で学ぶのでそこまで待ったほうが
私が教えるよりもよいのかも?!とも思えるし
せっかくの「どうして?」が出ている今が
チャンス!とも思うし・・。


説明が難しすぎると、好奇心の芽をつぶしてしまいそうだし
年長さんトリオのレッスンを参考にしようと
思ったんですが、それでは娘に理解できないかなぁ・・と

説明を聞くだけだと、飽きてどこかにいってしまうので(^_^;)

先生のレッスンで、幼稚園児むけ(年長トリオくんたちのレベルまではいかないもの)
の科学レッスンの紹介も、是非お願いします
Unknown (ななみママさんへ(なおみ))
2010-03-10 20:05:01
ななみちゃんの成長うれしく思います。易しい科学レッスンの紹介、またさせていただきますね。
それとまたレッスンにいらしてください。
ななみちゃんに会うのを楽しみにしています。
Unknown (ななみママ)
2010-03-11 14:13:56
お返事ありがとうございます!
人形を見ては、ブロック教室に行きたい~
先生に会いたい~って言うんですよ。

かなり時間がたってから、反応するので
こっちは戸惑います(^_^;)

他の方と同様、次回の募集をクビを長くして待っています♪
宜しくお願いいたします
大人でも (ところてん)
2010-03-24 14:02:31
大人でも、運転できる前と後では、道路の見方が変わりますね。
インプットの環境や、刺激も大きいと思います。

刺激というのは、親の特性とような気がして、悩むことも多いです。

悩む時間が長くても、関係無いような。。。
要するに、子供の特性と進行方向を把握することなのでしょうけれど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。