虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

自閉症の子が初めて作った絵本

2017-06-17 20:19:36 | 自閉症スペクトラム・学習が気がかりな子

 小学5年生の自閉症のAくんは、教室に着くなり、「森之宮駅で6分電車が遅れたから遅刻した」と言い続けていました。

それが途中から、「森之宮駅で宇宙人が乗ってきたから6分遅れた」という話になり、

送ってきたお父さんがたしなめても、その話ばかり繰り返していました。

Aくんは同じことを何十回も言い続ける癖があります。

この日も、お父さんから、「その話はやめて先生の話を聞きなさい」と注意されても

どこ吹く風で、「森之宮駅で宇宙人が乗ってきたから6分遅れた」と言い続けていました。

 

そこで、「Aくん、森之宮駅で宇宙人が乗ってきた話を絵本にしてみる?

画用紙を折って両面テープでひっつけていくと、すてきな絵本ができあがるよ」と言うと、

「絵本作るよ」と乗り気でした。

 

Aくんはこれまで画用紙に電車などの絵を描くことはあっても、絵本を作ったことはありませんでした。

絵の中に人や動物の姿を描くのも見たことがありません。

イメージすることに苦手があるので、ごっこ遊びをした経験もありません。

そんなAくんが初めて作った絵本なのですが、きちんとストーリーになっていて、

すばらしい出来でした。

勉強の時間が来たのであせらせてしまったため、最後の方が乱雑な塗り方になってしましました。

Aくんは自分の作った本を虹色文庫の1冊にするのを許してくれました。Aくん、ありがとう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感覚、思考、直観、感情タイ... | トップ | 阪急三番街に飾ってあるレゴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自閉症スペクトラム・学習が気がかりな子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。