虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

小1の子たちの算数レッスン

2017-01-04 20:44:00 | 算数

小1のAくん、Bくん、Cくんの算数の学習の様子です。

 

最レベ1年生の □のある式 のハイレベル問題を解きました。

 

1問目は、こんな問題。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□の数をもとめなさい。

みかんが85こ ありました。かぞく4人で 1こずつたべた あと、 いくつかを おとなりに

あげたので、51こになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「絵をかいて、考えてね」というと、

「85こ?あーいっぱいだー」という声があがったので、

10こずつふくろに入っているって考えてもいいよ。どんなかき方でもいいから、

かいてみてね。かぞく4人でってとこ難しいよね。いいかき方思いつくかな?」と声をかけていると、

みんな10ずつのふくろ8ことバラのみかん5つの絵をかいていました。

Aくんは、家族4人の絵をかいて、

 

ふくろの中のひとつから4つ矢印をかいて、それぞれの家族のところに

結びつけていました。

Bくんは、最初は10ずつの袋をかいていましたが、途中で、85こすべてのみかんを

かきだす作戦に出ていました。そうしてから減ったものを塗りつぶしていました。

Cくんは、85こを10入りの袋とバラで表してから、

得意の計算で何とかしようとしていました。

 

でも、みんな 「おとなりにあげたので51こになりました」の51この

扱いに戸惑っていました。

□のある文章題は、シンプルなたし算やひき算の文章題とちがって、

絵でかいて求めようとすると、

こんがらがりやすいのです。

 

そこで、どんぐりを85こ用意して、この話を物を動かして考えるなら

どうするかたずねました。

 

85このどんぐりは、のこった51こと、のこったのじゃないもの(たべたりあげたり)の

ふたつに分けられます。

「こっちが34こで、家族が食べたのが4つだから、30こ?」

と具体物を見ながらなら簡単に操作法が思い浮かぶのです。

 

 

でも、具体物を見るとすぐに理解できたのは、

その前に自分なりに絵をかいてみて、もやもやとわからない部分と向き合っていたからでもあります。

 

また、具体物で確かめたあとは、自分たちがかいた絵が

すっきり整理された形で見えてきます。

 

こんな問題も解きました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまでに なんページか よんだ 本があります。

きょうも あしたも 12ページずつ よむと、 95ページで

よみおわることになります。

これまでなんページよんだのでしょう?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これも絵でかいて考えた後で、実際に本をめくりながらどんなことが起こったのか

再現してみると、最終ページから24ページ分ひくことは

すぐにピンときたようでした。

 

文章題は、簡単すぎるものを絵をかかずに解いていると、

解き方を暗記して解いていく癖につながりがちです。

何段階か思考の手順を踏まなくてはならない問題を

言葉を頭のなかで整理したり、言葉を絵になおしたりしながら解くのにつきあっています。

わからないときは、教えるのではなく、具体物を用意して、

答えを出すまでどのような操作が必要か考えさせています。

3人ともしっかりと成長しています。

 

 

このごろ、動きを取り入れた工作に夢中のAくんの作品です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強が好きになるまでのプロ... | トップ | 年長さんたちの成長を感じた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

算数」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。