虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

水遊びで頭と心を使う

2017-03-19 18:53:30 | 工作 ワークショップ

見えないものが見えるように 触れられるように   続きです

で、息子との会話中にわたしが言ったこんな言葉を書きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔も今も、雨も降れば星も月も太陽も空にあるのに、不思議を感じて、

どうして?なぜ?と周囲や自分自身に問いかける子は少数派になりつつあるわ。

目に映るものに、自分の頭や心を使えるんだ、使っていいんだ、って気づいていないの。

 お母さんが教室で教えたいのは、やっている内容がごっこ遊びであれ、物作りであれ、実験であれ、

算数の問題であれ、それに自分の頭や心を使えるし、使ってもいいんだよ、ということにつきるんだと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、中学入試向けの算数問題に取り組んでいる4~6年の女の子たちのグループレッスン

(虹色教室は3年生の終わりに卒業なのですが、このグループは、子どもたちが自発的に、

「どうしても自分たちで勉強したいので通わせてほしい」と言って集まっている子たちです)でした。

勉強の前に、今、教室で流行っている水遊び。 基本の材料も、こちらが見せる見本も

2歳児さんたちにしているものと同じですが、さすが中学年~高学年。

それぞれがオリジナルのアイデアを発展させて、これまでなかった作品を作り上げていました。

上の写真は、ストローの向きで水を循環させる仕組みを利用した

魚を捕る罠です。

コップに水を注ぐと、発泡トレイで作った魚が泳ぎだし、紙コップの罠に入るようになっています。

 

 

シャンプーのボトルについていたポンプを使って水を循環させる仕組みに成功した

女の子ふたり組。ペットボトルの底を切り抜き、内部に紙コップの土台を作って

ポンプを設置していました。

これで、一度、使った水を再びポンプで吸い上げて

使い続けることができます。

 

写真を撮りそびれたのですが、海外に旅行に行った際に見たという

水上の家を作っている子もいました。

最初の見本は同じでも、個々の子どもの頭と心を通過すると、

思いがけないすばらしいものに生まれ変わるのを実感しました。

 

算数は、平面図形の難問にいくつか挑戦したのですが、

昨年、このグループができた頃に比べて、全員、思考力も粘り強さも意欲も

大きく伸びているのに驚きました。

あまりに勉強で盛り上がっていたので、グループを後一年継続することに

決めました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見えないものが見えるように... | トップ | 見えないものが見えるように... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。