虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

自発性と創造性を育てるには……?

2016-08-27 08:32:10 | 日々思うこと 雑感

↑ユースホステルでの月の観察。

 

仲の良い……とても信頼できる友だちや知人、数名から、相田みつをの本を
いただいたことが何度かあります。
口を揃えて言うのは、「大衆的だと思って敬遠していたけれど、とてもよかったの」という言葉。
私も、読むたび、年々、
その良さが、心に響くようになった気がします。

一番好きな著書は、

相田みつを 書 
佐々木 正美 著 

の『育てたように子は育つ』

この本には、子育ての実話が相田みつをの書といっしょに載っていて、
とても考えさせられるものです。

ささいな親の注意にカッとして、母親のろっ骨を折ってしまったり、窓を割ったりする若者に共通しているのは、
小さい頃「素直ないい子」なのだそうです。
「やらなければならないこと」を優先する習慣がついて、
本当にやりたいことをやる能力を失ってしまったのです。

それに大きな悔いと不満を感じ、混乱し、人生をやり直そうとしているかのような行為。
両親は自発性や創造性が育つよう、干渉し過ぎないやり方で根気よく
やりなおさなくてはならないそうです。

相田みつを の 待つ という美しい書に、
佐々木氏が次のような話をそえています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子どもに限らず草花でも農作物でも、何でも育てることが上手な人は、
待つことが上手な人だと思う。待っていることに喜びや楽しみを感じていられる人である。
日常で、最善をつくしているという実感があれば、待つことの楽しみは最大になるであろう。結果を問わない気持ちができていれば、待つことは安らぎでもある。

子どもを育てるとき、努力と結果を問題にするならば、先の結果より、努力の「今」に共感してやりたい。
休息の「現在」であれば、その現在を静かに見守ってあげたい。

休息が終わって活動を再開するのを、いつまでも待ってやりたい。
はた目には待ってやったことが無駄だったように見えても、かけがえのない親子のような関係の者にとっては、苦楽を分かち合ったものにしかわからない
存在の重みの感動が必ず残る。
だからじっと待ってやりたい。

子どものなかの自律性や自立性は、待ってやるからこそ育つ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
わが子も、教室の子も、とてもすばらしい成果を目の当たりにするとき
というのは、他のようにできなくても
のんびりゆっくり待ってあげた結果だな~と思います。

好きなことばかりして、苦手なことから逃げてばかりいる
すぐお友だちに手が出る
かんしゃくを起す
よく泣く
何をするのも遅い
よく忘れる 

子どもが大人の期待通りに動いてくれないときに、
しつけたり、子どもに正しい見本を見せたりして最善はつくす

でもできるできないは、時を待つ~

とのんびりゆっくり構えていたら、どの子もすばらしい才能をしめし
はじめます。
特に、他の子の何倍も時間がかかって、それを待っていてあげた子は
本当にすばらしい力を発揮し始めるんですよ~。

わが子にしても、「この子のこういうところすばらしいな~」と感激する
部分は、教えた結果でなく、「待った」結果、身についたことばかりなのです。

「小さい頃にきちんとしつけないと、わがままな子に育つ」と言って
おどす人は多いと思います。
でも、小さい頃に親の言いなりでいい子をしていても、
思春期になれば、ほとんどの子は生意気で軽はずみな行動が多くなってきますよね。
でも、待ってあげる という親の姿勢は、
子どもの心に深く届いて、義務ではなく自分の本心から生じる
優しさを生むように思います。

かつて勉強を見ていた近所の子に、
大きくなって久しぶりに会うとき、
小中学生の頃は
好き放題言うので、私もずいぶん勝手を聞いてあげたものだけど、
本当に優しくしっかりした子に育って、
自分で考え、ばりばり仕事しながらがんばっている姿を見て
心からうれしく感じています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シングルフォーカスに陥った... | トップ | 子どもたちを夢中にしたもの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (るま)
2016-08-29 11:08:19
先日は幼児の夏休み算数教室でお世話になりました。
主人も行ってよかった!と言っておりました。
息子のマイペースっぷりが小学校2年くらいまでかと思うと苦笑しか出てこないのですが、この記事を読んで、とにかく「待ってみようかな」と改めて思いました。
いま真田丸をやっているからではないですが、「鳴くまで待とう・・・」の人が創造性を発揮して、運すらも味方につけて成功したというのはあるのかもな・・・と思いました。

先生にはぼんやりと聞こうかな、と思っていたこともあったのですが、同い年くらいの子ども達と集中して遊んでいる姿と、先生の「大丈夫」の言葉で、このままでも大丈夫だわ、と質問も吹っ飛びました。

たくさん水と栄養を与えてどんな大人になっていくのか、とても楽しみです。


余談ですが、
恐竜がたこ焼きになっていくつ?の計算の遊びは、さすが大阪・・!と思ってしまいました(笑)
長いコメントをブログ記事に (tamaki)
2016-08-29 22:01:29
先生こんにちは
この記事についてコメントを書こうと思い書いていたら、また長くなってしまったので、そうだ自分のブログにかけばいいんだ、とおもって書いてみたのですが、トラックバックということがうまくできません。

つかっているはてなブログの仕様でできないのかもしれません。いまどきはあまり流行らないと夫もいうので。

でも一応コメントのつもりで書きはじめたものでお知らせしたく。

http://milkaddict.hatenablog.com/entry/2016/08/29/215535

このコメント自体は非公開で構いません。まだブログも試運転中というか、これでいいのか疑問に思いながらとりあえずいろいろ書いています。また機会があれば感想などお知らせいただきたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。