虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

自分の気持ちを簡単に捨てられてしまう 2

2017-07-17 18:46:07 | 日々思うこと 雑感

「大切だと感じていることを大事に扱われることがないから、

どんどんそういう気持ちがないものになっていっているんだろうな」

という知人の指摘は、豊かで便利な日本で暮らす子どもたちが、

総じて、何だか幸せそうに見えないことと

関連があるように思いました。

子どもたちは、大人たちから、いいと思われるもの、

子どもの能力を高めそうなもの、

子どもの価値を上げそうなものを、毎日、

シャワーのように浴びせられているのです。

 

でも、子ども本人が何をどう感じたのか、どう考えたのかには、

ほとんど注意を向けられていない現状があります。

 

もやもやと言葉にできない感情を抱いて、

自分でも何がなんだかわからないような衝動のまま外に出してみて、

いろんな人のいろいろな反応に、驚いたり、自分の態度を悔いたり、

慰められたり、勇気づけられたり、自分の感じていた言葉を見つけたりしながら、

出来事の中でゆっくりと自分の感情を噛みしめていく……という

誰もが数えきれないほど通過してきたような子ども時代の当たり前の体験が、

現在は、効率的に管理されたカリキュラムの中で削ぎ落されています。

 

先日、「子ども時代のほとんどの体験は、それを味わう子どもの

気持ちを大事にしてあげるなら、

その子の人生にとってかけがえのない貴重な一瞬、一瞬となるのだろう」

としみじみと感じる出来事がありました。

アメリカからいらしたマイコさんのご家族と日本で親しくしている方々と

いっしょに集った際のことです。

 

みんなで出かけた先で、幼稚園の女の子ふたりが、

「みんなの使うものなのに、ほかの人が入れないようにしてしまうなんて、

本当に悪いよ。」「自分たちだけの部屋じゃないのに、自分たちだけで使うなんて、

悪い人たちだよねー。ねー」と憤慨した様子で訴えてきました。

 小学生の男の子ふたりが内側からそこの部屋の鍵をかけてしまったらしいのです。

 

「だって、眠いんだよ!」

「疲れているんだから、休んだっていいじゃんか!」

と小さな声で逆切れしている男の子たち。

実際、その前の晩は、大人がいない部屋で自分たちだけで寝たいと強気で

宣言したものの、怖い人が部屋に来るかもしれない、何かが起こるかもしれない、

とドキドキし通しで、(何度も大人たちの部屋を覗きにきていて)

しっかり眠れなかったのです。

とはいえ、その部屋は、個人的に占拠していい場所ではなく

そこを訪れる人みんなが利用するスペースでしたから、

カギをかけるなど言語道断でした。

 

「これはダメなこと!みんなに迷惑がかかるから出てくるように」と

注意しに行くと、さすがに悪いと思ったのか

もじもじしながら出てきかけていました。

 

と、その時、内側にいたBくんが無造作に戸を押し開けたので、

戸の反対側にいた小学生の女の子のおでこにぶつかってしまいました。

 

「大丈夫?」「痛くない?」と女の子を介抱する声や、

「急に戸を開けたから、〇〇ちゃんのおでこにぶつかってしまったのよ。

謝りなさいよ」という注意する声に驚いたのか、

Bくんは再び部屋に閉じこもってしまいました。

 

おでこをぶつけたAちゃんのお母さんが、ぶつけたところをちょっと調べて、

「大丈夫、大丈夫」と言いかけると、

(Aちゃんのお母さんはいつも子どもの心をとても大切にしておられる方です)

女の子の表情がちょっと固くなりました。

 

親御さんにすると、周囲や閉じこもっている子たちや女の子自身を

安心させる必要がありますから、これはそうしかるべき対応なのですが、

でも、打ったばかりのおでこがまだ痛い当人にすると

酷なあしらいでもありました。

そこで、「痛そうね。今は何ともなくても、後から、

腫れてくるかもしれないし、大丈夫かどうかはAちゃん(女の子)しか

わからないから。これは、絶対に謝ってもらわなくちゃ。さぁ、いっしょに

Bくんのところに行こう」とAちゃんの手を取って、裏にある戸の前に行きました。

 

話の途中ですが、次回に続きます。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事務Kよりご連絡(ユース) | トップ |  自分の気持ちを簡単に捨てら... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぐぬぬ… (ぽんみかん)
2017-07-18 15:13:03
そ、そんなことが!!
あんにゃろ〜Σ(-᷅_-᷄๑)と噴火寸前ですが、
グッとこらえて続編を待ちます。

通りで女の子たち怒ってたわけですね…。
ほったらかしの私も私ですが!!
本当にすいません!!女の子に!!(>_<)

今度ぽんすけとご近所ガールズを引き連れてキャンプに行くのですが、ちょうどママさんたちと、楽しく過ごすために、ケンカと意地悪の違いって何?絶対やっちゃいけない事ってなんだろう?
親子でどんな話をしたらいいだろうと、いろんな話をしていたところでした。
続きを楽しみにしています!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。