超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

No.6 第5話「冥府の天使」 感想

2011-08-05 02:07:07 | アニメ






この世の果てで踊る二人・・・。





なんだか個人的な好みにどんどん入っていくような感覚ですね。
この世の果てのような場所で
皮肉にも都市の人間よりも人間らしい生活をしている。
誰かと一緒に暮らして
喜びと悲しみを分かち合って
違う人間同士分かり合っていくその様は
完全な監視下に置かれてエリート養成所のようなNo.6よりも逆にある意味美しく思えるのが不思議です。
大事なのは見栄や上下云々ではなく
誰かと何かを分かち合った数、って観点だと紫苑とネズミはより人間らしい生活をしているようにも思えるけれど。

そんなネズミは、もう完全に紫苑に心を許しちゃってる感がある。
舞台を観に来させなかったのは
単純に汚い客から彼を守るためで、
本当は自分の晴れ姿を見て貰えた事が嬉しかったのかも。
だってあれで怒らない、ってことはねえ?
その後ダンスまで教える始末。そんな紫苑はやっぱりネズミに恩人的な感謝を感じてるようで
それがどんどん膨らんでいってるようで、彼の事を何よりも気に掛けてるみたいで。

そんな紫苑の不意に差し出された手に反応できなかったネズミ。
それに対して彼は動揺してたけど
逆に言えば、警戒を解いた状態である、っていうか
彼に対して、敵意も警戒心も完全に失くしてしまっているような状態で。
そういう人間は彼にとって初めてだったらしい?けど
だからこそ益々紫苑はネズミにとって欠かせない人物になっていきそうな予感がありますね。
もはや一種の運命共同体的な何か。
視聴者としても
彼ら仲良しで居て欲しいって思うもの。ニヤニヤしちゃうからね(笑)。そういう目で見ればね。
この後の展開にも注目ですね。正直面白かったわ。


一方で、この時期になっても
未だにあの寄生蜂が活躍してるようでね、
ますますNo.6が不穏な空気に包まれてるんですけど、
しかし冒頭の女性は心が汚すぎて正直死んでも何の感慨も沸かなかったな・・・(汗)。
まあ、何にせよNo.6への不信感は募るばかりですけどね。

沙布も二週間ぶりに登場しました。
何気に可愛いよね、彼女。
久々の華ですよ。
なにやら妙なシンクロもシーンとしてあったんだけど、あれを見る限り今後のストーリーにも関わってきそう。
友達のキスを見ても動揺しないあたり、その機械的な感じが個人的にはお気に入りかも(笑)。
そんな沙布の意識とネズミの意識が合わさったシーンは神秘的で素敵だったな。
あれはやっぱり紫苑のせいだったりするのかな?
その辺の解明にも、また期待です。





展開という点ではそこまで進んでないけど
キャラの関係性って点は非常に掘り下げられていますね。
感情移入はしやすくなりそうです。その前に二人の関係性観てるだけでも楽しいんですけどね(笑)。
その様子を楽しむアニメなのは間違いないでしょう。一つの観点としては。

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Syrup16g全曲レビューその28... | トップ | とんぬらさん 5巻/セレビィ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (消しカス方程式)
2011-08-07 15:26:35
おじゃまします。
今日やっと見ました。

感想は「あれ~?」

なんか…想像とだいぶ違うんです。まぁ面白かったのですが…。

サンプルって言い方…あれ、やっぱNO.6の目論見どおりってことなんですかね…??

わかんねー。。。
ってことで、これからは知らない物語として見ていこうかなとww
なるほど (西京BOY)
2011-08-07 19:29:25
毎回コメントどうもです!


>想像とだいぶ違う
原作とは結構印象が変わってる、という事ですかね?
だとしたらあれって思うのも無理はないですね。

>NO.6の目論見どおりってことなんですかね
彼らは彼らで何か怪しいですよね・・・
今回の女性も、
愚痴を漏らした直後にああなったことを考えると
異様に神経質な目論見がありそうな予感がしますが。


今のところはネズミと紫苑の友情的な感じで楽しんで
後々に展開が動くのを待つ感じですかね。
見方はそれぞれなので、自分なりの見方で全然いいと思いますよ。
おじゃまします。 (ななみ)
2011-08-07 23:09:21
西京BOYさん、初めまして。

私は関西に住んでるのですが、放送が週遅れなもので「No.6」の感想を求めてさまよってましたらここにたどり着きました。

うまく伝えれないのですが、文章がとても
なごやかで、心にするする入っていく感じ
に感動して思わずコメントさせていただきました。

これからも西京BOYさんの感想を楽しみに
してます♪
いつでもどうぞ (西京BOY)
2011-08-08 14:04:06
ななみさんこんにちわ。


>放送が週遅れなもので
それは若干キツいですね~。「電波女」ってアニメなんか10日以上差が付いてたらしいですし。
関東はちょっと優遇され過ぎ?

>文章がとてもなごやかで、心にするする入っていく感じ
ありがとうございます。
自分じゃ自分の文章がどう映ってるかは分かり難いので
こういう言葉は素直に嬉しいですね。
これからも精進します。


感想は休まずいくので、よろしければ是非是非。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アニメ「NO.6」 第5話 冥府の天使 (午後に嵐。)
オトナアニメディア 第一号 2011年 08月号 [雑誌](2011/07/04)不明商品詳細を見る 紫苑、あんた一体何者なんだ。 「NO.6」第5話のあらすじと感想です。 捕まる。 (あらすじ) 外には雪、季節はもう冬...
NO.6 第5話 『冥府の天使』 (ティンカーベルをください)
Shall we dance ? もう結婚してくれませんか、あなたたち(*´Д`*)
NO.6#5「冥府の天使」感想 (おぼろ二次元日記)
風に乗って聞こえる歌声。誘われるネズミ、沙布。「冥府の天使」あらすじは公式からです。NO.6で再び人が老人と化して死亡する事件が起こる。力河よりその話を聞いた紫苑は、ネズ...
NO.6 #05 『冥府の天使』  (Plum Wine*)
   何も知らなかったのは俺の方
「NO.6」第5話 (日々“是”精進! ver.A)
風が、吹いた・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108050002/ NO.6♯1 (講談社文庫) posted with amazlet at 11.08.03 あさの あつこ 講談社 売り上げランキング: 324 Amazon.co.jp で...
No.6 フジ(8/04)#05 (ぬる~くまったりと)
第5話 冥府の天使 施設に居る沙布の祖母。編み棒が一本だけなのを尋ねられて話そう
NO.6 第5話「冥府の天使」 (WONDER TIME)
「歌が 聞こえたんだ」 ネズミ、そして沙布に聞こえた“歌”とは―― NO.6では 新たに寄生蜂による犠牲者が…!    【第5話 あらすじ】 NO.6で、再び人が老人と化して死亡する事件が起きたという。力河か...
アニメ NO.6 第05話 感想 (荒野の出来事)
 アニメ NO.6  第05話 『冥府の天使』 感想  次のページへ
NO.6 第5話 「冥府の天使」 感想 (アニメとゲームと情報局!)
可愛いのは間違いないが、どちらかと言うと 「イイ女」 だ。 キャラ設定が好み♪ 今週からようやく 「NO.6」 も動き始めた感じです。 これから挽回するのも、結構キツイ感がありますが、期待を持っ...
NO.6第5話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#5「冥府の天使」 風が吹いた?なかなかに、謎に充ちたセリフですね。こちらへいら
NO.6 第4,5話 (SOLILOQUY)
NO.6 第4,5話先週、時間が取れなかったので2話分まとめて。この2回はネズミが天然・紫苑との距離を測りかねて苦悩してる回という感じでしょうか?正直言うと、まだ世界観を掴...
NO.6 第4,5話 (SOLILOQUY別館)
NO.6 第4,5話
まさかのネズミの女装フラグが発動( ̄口 ̄;)!!!まあ、空の軌跡のヨシュア程じゃなかったが、けっこうきれいだったっす☆彡 NO.6 第5話... (シュージローのマイルーム2号店)
 季節は少し流れ、雪降る冬のNO.6。  NO.6の施設である黄昏の館で生活をしている沙布の祖母は、ほかの老人の人たちと一緒にこの光景を内部から眺めていた。  もちろん、彼女が持っている籠の中には、編み...