超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

カイチュー!6巻/林佑樹

2011-07-19 22:04:24 | 漫画(新作)






林佑樹「カイチュー!」6巻読了。ネタバレ込みの感想。






男子個人戦の決着が付く訳ですけど・・・
ゴンちゃん無双でした(笑)。
いやなんでしょうねこの凛とした格好良さ、まぶしさ美しさ。神の子って呼ばれるのも納得の出で立ち。
でもこれが単なるメインキャラの超パワーとかご都合主義じゃなくて
ライバルが力を引き起こした、って理屈で勝ったのは
個人的には中々上手いなと思いました。
実際それで勝っても全然文句ないんですけど
理由付けとしては確かになあ、っていうかそもそも彼ライバル居ませんでしたからね。
復帰するまでは本当に。
あそこで彼らが本気で立ちはだかってくれたからこそ、
その力が引き出されたというか
そもそも自身と対等でなければ緩みが出るって言うのもよく分かるし
ここ一連の試合の決着としては非常に相応しく、また負けても泣き言を言わない松平さんも格好良かったのでした。

と、思ったら
後半では可愛いゴンちゃんに変身(笑)。
この真面目なんだか阿呆なんだか、でも真面目?みたいな
その辺の緩急がこの作品の魅力なんでしょうね。
前半は神の子だったのに
後半は色っぽいねーちゃんに・・・って本当に何者なのよ。
いやしかしそれでも、立川くんが魅了されるのも十分分かりますけどね。
それまでが弓道みっちりやってただけに、
後半にこういう笑えてドキドキ出来るエピソードが来るのは中々気持ちいいな、って思いました。
帯ギュとかでもそうでしたけど、こういう息抜きって大事なんですよね。
そしてそんな二人の側にいた杉村たちの関係?
も気になるといえば気になるか。
その辺も描写願いたい。




ゴンちゃんの事ばかり書きましたが、ストイックに弓を追求する松平さんの姿は
個人的な刺激になったりもしました。
自らの敗北を潔く認めてるのも好印象ですね。
まあそっちの気があるのはご愛嬌という事で(笑)。他県の猛者とかも出てきたりしていて
長く楽しめるスポーツ漫画になってくれそうな予感もしますね。今後も期待です。


『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆるゆり 第3話「ウチくる!... | トップ | Steins;Gate 第16話「不可逆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

漫画(新作)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL