超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

No.6 第9話「厄災の舞台」 感想

2011-09-02 02:07:49 | アニメ






イヌカシは天使だった。






これまた凄い勢いでギャップ付けてくるなあ・・・って思ってましたが。
だってあの反応明らかに女性丸出しっていうか
単純に乙女やん、っていう。
ああいうシーンで可愛さを感じるのは不謹慎、と思いつつ
心が反応してしまうんだからしょうがない。イヌカシが本当に可愛すぎて前半そればっかでした(笑)。
まーどっかでネタバレ踏んで分かってはいたんですけど
普段が普段なだけに・・・ね。
思いっきり反応しちゃったよ、って感じです。はい。

それはそれとして、いよいよお話も急ピッチで進んできましたね。
ここに来てNo.6の悪行も晒されまくりですけど
やっぱ多大なる犠牲の上に成り立ってた都市、って事で非常に遺憾ではあるんですが
西ブロックも一時的な退避場所でしかなくて
あそこにいても
結局は矯正施設に連れて行かれてしまうんですね。そこを逆に利用して沙布の元に辿り着こう、と。
でも辿り着くまでには色々試練もあるようでね、
ネズミが癒しの歌を歌ったり、忠告があったり、始まる前から不穏な匂いを撒き散らしてますけど
一体中では何が行われるのか?
沙布救出作戦の果てに何が待っているのか?
それを楽しみに、残り2話ですが楽しんでいこうと思います。
先週がやや説明に徹した回だったのとメイン二人の描写が薄めだった為に
ややテンションが上がらない部分もありつつ
でもその意味では今週バッチリだったな~ってちゃんと思いました。それどころか
イヌカシちゃんの描写もあったしね(笑)。ま、繰り返し不謹慎ではあるけれど
イヌカシもイヌカシで最後まで頑張って
誰もが少しでも良い未来に
着地点に辿り着けるように。何気に、ネズミが火藍に「必ず帰る」的なメッセージを残してるのも良かった。
一方で沙布はエリウリアスとの遭遇を果たしているみたいなんですが。
色々な意味でどうなることやら、って訳でまた次回。





あと今週はネズミも紫苑も結構活躍の場面があって
前者は紫苑が残酷な場面を見ないように守ってあげてた部分と
後者はネズミの忠告を振り切って赤ん坊をイヌカシの元に連れて行かせた場面かな。
ネズミも最初は何やかんや理由つけてたり
ごまかしたりしてはいたけど
今は普通に、紫苑の事を大事にしてるんだな、っていうのが伝わって来てそこも先週よりプラスでしたね。

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月32日へ/神聖かまってちゃん | トップ | Amazonレビュー無期限停止 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななみ)
2011-09-02 22:00:25
イヌカシ、私も好きです
あの性格からして将来はなんか威勢のいい女将さんみたいな感じになりそうですよね

私も先週はネズミと紫苑のからみが少なくて
少し不完全燃焼でした…(←健全な意味で!笑)

今週はバッチリだったんですね~
楽しみです!(←健全な意味で!笑笑)
ちょっと変な書き方してますけど(笑) (西京BOY)
2011-09-03 22:16:51
やっぱりこの話の見所は二人の友情にあると個人的に思ってるので
その意味じゃ今週は満足でしたね。
毎週コメントありがとうございます!

でも、あの引きからするとちょっとハードな展開になりそうな予感もするんですよね。
その意味じゃ二人は大丈夫かな?って心配もありますけど。


イヌカシはあの外見と性格でウブだった、ってオチが私的にツボでした!はい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む