超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

這いよれ!ニャル子さん 第8話「ニャル子のドキドキハイスクール」 感想

2012-05-30 04:34:26 | アニメ






ニャル子さんを観てたと思ったらいつの間にかワーキングになってた件。






はああ今週も面白すぎる・・・!ちょっと言葉が浮かばないくらい良かったですね。
この作品はギャグ色が強めだからラブコメとしての旨味はそこまでないかなって思ってた
数話前までの自分を殴りに行きたいレベル。ちょっとびっくりするくらい真っ当にラブコメってて
観ててニヤニヤが全く止まりませんでした。その理由をちょっと考えてみます。


①基本的にマンツーマン
毎週のように感想には書いてるんですが、この作品はラブコメ特有のハーレムがなくてですね
ニャル子と真尋のどんどん近づく関係性を純粋に楽しめる作品になってると思うんですよね。
今週の珠緒の描写でちょっと「あれっ?」って思ったけど
結局は単なる意地悪な目配せって事が分かってホッとしましたし
クー子もあくまでニャル子との進展に拘り、ハス太はそもそも男だし・・・って事で
意図的なのか偶然なのかは未知数ですが、あくまで真尋のニャル子の一本道ってのが示唆されてるから
他のハーレム系ラブコメとは違って純粋にメイン二人の関係を楽しめるシンプルさが素晴らしいと思うのです。


②ニャル子が一途で可愛すぎる
やってることは半分ギャグなんですけど、そのアプローチの仕方がたまらないんですよね。
ただ単に時折性的だからって訳でもなく、ふざけてると思ったらしおらしくなったり
その緩急の付け方っていうか、押し引きの感覚にグッと来る
その上クリスマスプレゼントに「残りの人生をあげます!」って言って婚姻届とか、
これ実際にやられたら相当コロッと落ちる可能性の高いアプローチの仕方だと思うんだけど(笑)。
わざとすべってエロトラブルを生み出そうとするのも、
肉弾戦(笑)に勝って、そこまでして告白の権利を得ようとするのも
一見ふざけてるように見えて裏には純粋さだったり本気の気持ちが隠れてるのはもう分かってる事だから
余計にそんな彼女がいとおしくなるっていうか・・・。
「この瞬間のために」って
そういってキス迫られたらもう完全に男としてはお手上げだよねえ(笑)。
最後の含みの感じられる妙な目配せもまた最高に可愛かったし、個人的には今週も彼女には完敗でした。
そしてクー子におっぱい揉まれてて、その様子も目の保養になって素晴らしかったです。はい。


③真尋も可愛すぎる
なぜずっとニヤニヤしてしまったのか?って事を感想書く前にちょっと考えたら
何よりも真尋きゅんが可愛いんだな、と。そんなことすら思わされてしまいました。
先週の一件で急激に意識しちゃってる様子だとか、
最後の「これはゲームから脱出するためだから」って必死に言い聞かせてるところだったり
抜け出した後のポーッとした表情だったり、なんかそのツンデレっぷりが普通に可愛くて(笑)。
考えてみれば普通のラブコメとは全く逆の立場でもあるわけで
その逆転感覚も面白いし
徐々に徐々に意識が広がっていくラブコメとしての面白さの演出は彼の力によるものが大きいかな、と。
まあニャル子も真尋も純粋にルックスや表情が可愛くてニヤけれるっていうのがあるけど(笑)。
でも、それを抜きにしても今週の二人の描写は完璧に近かったんじゃないかなあ。
基本進展とかなしのお話だと思ってただけに
恋をする、恋になるまでの様子を描く最近の流れは結構にビックリしてるけど
その分お話としては真っ当に面白く深みが出てる感覚やね。原作続いてるし1クール作品だから
決着とかそこまでは当然やらないんだろうけど、この調子と傾向ならニヤニヤは持続しそうで楽しみ。
そんな訳で先週に引き続き堂々と傑作回と言い切れる素敵なお話だったと思います。
早くも今年のベストカップル決定か!?(笑)。
謎の彼女Ⅹの卜部さんと椿くんもまた捨てがたいですけど。

それにしても、最終的にはプレイヤー自身である真尋の記憶しか残らないって設定もまた秀逸だなあ・・・。
一人で勝手にデレてる描写があまりにも可愛すぎて悶絶しかけた。
ニャル子さんの態度は分かってるのか分かってないのか曖昧な風でしたが
そんなグレーな描き方もこれはこれで想像の余地が残されていて良かったのかも。
ギャグに徹すると思いきや、さり気に幻のファースト××まで進むその思い切りの良さに拍手!ですね。




で、ギャグも面白かったのでそこも触れようと思います。
毎回異様に長くてすいません。けどこのアニメは語りたいことが多すぎるんだ。

①最優先事項よ!
真尋の母親がいつの間にかみずほ先生になってたでござる。
というか、色々無理ありすぎて素直に痛々しかった・・・(汗)。
プンプンとか年代を感じさせる仕草ですなあ。
プンプンって、よく考えてみりゃそんなに可愛くもないですよね。
でもそんなお茶目な姿も嫌いじゃなかったり。


②パンチラ?
ニャル子さん意外とガード固いですね。角っこでパン咥えながらぶつかるのはラブコメの様式美ですが
流石にそのパンを落としてパンチラっていうのは予想出来なかったギャグでした。
別にパンなら見られてもいいじゃねえか、っていう(笑)。
ちょっとツンデレ?気味なニャル子さんと微妙にタジタジする真尋くんも可愛かった。


③クー子は百合だから・・・
マリみてに出てきそうな格好と態度で登場。
正直安直なネタだけどなぜかクー子なら納得っていう。


④余市のキャラが
これはちょっと吹いちゃいましたね(笑)。
女の子の情報にやたら詳しい友人ってなんで頻繁に配置されるんでしょう。
よくよく考えてみればただ単に怪しい奴って気もしなくもない。


⑤実は変わってなかったニャル子たち
保健室のベッドの下で盗み聞きとか、らしいけど単なる狂ったストーカーですね(笑)。
やっぱりなあ、と思いつつあっさりバレてる間抜けな部分がやはりニャル子だなあとも思う。
クー子なんかは最早隠す気すらなかったっぽいですが。しかも「エンドレスエイト狙い」って・・・。


⑥ファイナルフュージョン
ハス太くんが言った真尋くんとファイナルフュージョンしたいってセリフが異様に強烈でした。
文面だけ見ると相当に壮絶なアレの様子が思い浮かびますけど。
本気で子供が出来るって信じてるのかなあ・・・?(笑)。


⑦ファミレスでアルバイト
店長に近づいたら刀を持った店員に酷い目に遭わされる、って
まんま杏子と八千代じゃないか(笑)。いやそもそもその八千代さんの声が真尋なんだけど!
しかもクー子が「ちっちゃくないよ」ってセリフを言って
ニャル子さん「セリフを取られた気がする」ってそりゃ声優さん同じ人ですからね。
内輪ネタだけど、あんまりネタにされる事のない作品なので素直に笑ってしまいました。
にしてもぽぷらとニャル子ってキャラ性間逆ですよね(笑)。
クー子の真尋に対する超いい加減な態度とその後の変態的なセリフの数々も最高でした。
そしてクー子がニャル子に用意したあのエッチな下着は是非一度着て欲しいって思ったりも(笑)。


⑧キャストオフ
ハス太くんとのロマンチックな擬似デートは雪の降る教会で。
そこで渡すプレゼントが自身のフィギュアっていうのが何とも。
空気読んでなさすぎでしょ。キャストオフとか完全にそっち目的で渡してますよね。


⑨決着が肉弾戦
他のハーレム系ラブコメもこういう手段で決着付けられたら楽だろうなあ。
でもこれって本人の意思、一切関与してませんよね(笑)。
それでもニャル子が勝ってくれれば構造的には万事OKなんですが。真尋が唯一デレてる相手だし。


⑩体育倉庫で閉じ込められる
珠緒が純粋に可愛かった・・・!
閉じ込められ系のイベントはラブコメでは必須ですよねー。
体操着で体育倉庫っていうのが男子的にがグッと来ちゃうんですよね。
シュミレーションとは言えおいしくて笑えるシーンでした。
エロゲーではむしろデフォルトだ、っていうね。それもまたおかしな話ではありますけど(笑)。






全体を通して・・・決してギャグだからとかゲームだからって訳でもなく
みんながふざけてる中でも選ぶのに悩んだり迷ったりしている真尋くんの真面目な考えも素敵だった。
ニャル子さんの最後の「この瞬間の為に」ってセリフだったりと
笑わせに徹している時とマジな時とのバランス感覚がここに来て程好く調和してて
それもあって先週に続いて過去最高に面白く観れたんじゃないか?って思えるような、そんな回でした。
おまけに真尋の純朴な恋に目覚めつつある少年としてのいじらしさも際立って来ましたし
ここに来てもう一段階自分の中で何かが弾けたような・・・
そういう回でもあったなと思いましたね。

シュミレーションギャグとしては半分以上はその設定を活かせてたと思うんですが
設定やその場限りの面白さ追及ってよりも、その中で揺れ動きつつある真尋の心情を描いたりと
何気に先週から地続きの回になってたのが丁寧さを感じさせてくれてそこも良かった。
来週は定番の入れ替わりネタ?って事でそちらもまた楽しみです。
段々オールマイティな作品になってて好印象ですね。


『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君と僕。2 第9話「mix juic... | トップ | MASTERPIECE/エレファントカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
這いよれ!ニャル子さん 第8話 「ニャル子のドキドキハイスクール」 (つれづれ)
 いろんな格好のニャル子が出てきて楽しかったです。
這いよれ!ニャル子さん 8話「ニャル子のドキドキハイスクール」 (新しい世界へ・・・)
「ハルヒ」に「WORKING!」・・・ 何でもアリですね(^^; 這いよれ! ニャル子さん 1 (初回生産限定) [Blu-ray](2012/06/22)阿澄佳奈、喜多村英梨 他商品詳細を見る
這いよれ!ニャル子さん 第8話「ニャル子のドキドキハイスクール」感想! (くろくろDictionary)
這いよれ!ニャル子さん 第8話「ニャル子のドキドキハイスクール」 ダメだw今回はまともに感想書ける気がしない(汗) 温泉街でお土産探索^^ ニャル子はもういつも通りに戻ってる? しかしどうし...
2012年02クール 新作アニメ 這いよれ!ニャル子さん 第08話 雑感 (妖精帝國 臣民コンソーシアム)
[這いよれ!ニャル子さん] ブログ村キーワード 這いよれ!ニャル子さん 第08話 「ニャル子のドキドキハイスクール」 #nyaruko2012 #ep08 逢空万太氏のデビュー作で、第1回GA文庫大賞優秀賞を受賞...
這いよれ!ニャル子さん 第8話「ニャル子のどきどきハイスクール」 (~そよ風が吹く丘~)
這いよれ!ニャル子さん 第8話「ニャル子のどきどきハイスクール」