超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆるゆり 8巻/なもり

2012-07-24 23:58:49 | 漫画(新作)






なもり「ゆるゆり」8巻読了。






コミック百合姫って月刊誌でもないのに1年に数冊出るって言うのは凄いですね(笑)。
この後すぐ9巻も出るとは思いますけど、先に8巻の感想でも書いておきます。
まず一応言っておきますが私は別に百合好きではないし
基本は男女の方が好みなのは言っておきます
場合によっちゃBLもアリですけど(笑)、
ただ、個人的に表現は自由っていうか、現実では嘲笑される事だったり差別される事を描けるのが作品であり
そこを現実とごっちゃにされて穿った見方をするのは逆にナンセンスだっていうのが信条なので
その辺はもう頭でっかちなロートルの戯言と判断して自由に楽しむべき
いつの時代も表現は基本的に自由であるべきだし
それを選ぶのも受け手の自由
それに関しては誰にも侵害されるべき事柄ではないと思ってるので、だから百合って題材に関しても
その作品の雰囲気の良さや芯を感じれたのならば素直に楽しむし面白がるし
何より禁忌的背徳的故に逆にピュアであるとも思うしね(笑)。
まあこの漫画はそこまで強烈な訳ではないですが
それでもやっぱり普通の題材とは思えないので、でもだからこそ個性があるとも思えるので。
個人的には支持に値する作品や題材だと思ってこういう文章を書いています。


あかりんが個性なし存在感なし特徴なしって揶揄されて
妙な扱いを受けるのは割と芸人と似たポジションだなって思いますけど
この8巻を読んでたら、ちょっと無防備なくらい無垢なんだなって
そんな事を改めて感じましたね。
昔はそれ(存在感なし)がキャラ付けだと思って楽しんでましたが茶番にものってましたが
逆に言えば他の子と違って必要以上にスレてない分普通の扱いには出来なかったのかも、って
そう考えると実にリアリティがある設定だなあ、とも思えるから不思議です(笑)。
その発想はちょっと女子っぽいですよね。
でも、だからといってハブられてるとかいじめではなく
それが逆に彼女の存在を目立たせて子供っぽいって弱点を払拭している、って考えると
やっぱりある種の芸人っぽさっていうか、ある意味では温かい配慮なのでは、とも思える
その辺のサジ加減は本当に読むたびに絶妙だなあって感じれて
そんないちあかりファンとしても楽しめた
退屈せずに読めた新刊でした。
要するに元々のままで行くと過度に子供っぽくて浮いちゃうので、イジる事によって対等にしたっていう
何とも凄い発想の元で作られてるんだなあって思えてその意味でもオリジナリティは高いですね。
正に所謂お笑いブームを経験した世代ならではの漫画って感じが凄くします。
そういう「世代感」を受けれるのもこの漫画の長所の一つではありますね。それと、純粋にあかり可愛い(笑)。

全体的に面白くて外れのない内容になってますけど
特に「異心出ん心」は飛びぬけてクスクス出来る出来だったかな、と
ぶっちゃけ「確認しろよ!」の一言で済む話なんですけど
それが不快ではなく
むしろもっともっとやっちゃえ!って思えるのが正にコント的な面白さを生んでいて
最後のオチに関しても上手くハマっていて素直に見事だなと思える
何より微妙にちなあか分が出てて嬉しかった(笑)。
何だかんだ言いつつ
あかりんの可愛さも認められてるんだなー、って思いましたが
現実でも正直相手の仕草や言葉の断片で勝手に相手の考えを判断しちゃう事ってありますよね・・・。
でも時が経って蓋を開けてみれば自分の考え過ぎでしかなかたって事の繰り返しで
その意味では何気にリアリティのあるお話でもあったかな、と。
あともう一つ
割とサイレントのシュールな笑いもイケるなあと思ったので
今後もこういう変り種的なネタは控えずにどんどんとやって欲しいですね。
結衣のごらく部脱退!?のネタだったりあかりんのタイムストップネタだったり
さくひまの鉄板のお話まで収録してサクサクとすぐに読み終えられるコミックではあるものの
全体的な満足度はきっちりと高い、正に望んだとおりのクオリティで実に良かったです。
いつ読んでもタイトルに反してない出来になってるのは流石ですね。






アニメの感想が滞ってて申し訳ない
8月までには追いつく予定なのでもし読んでたらお待ち下さい、って事で。
他作品と似てるようで何気にこの作品ならではの美意識が垣間見れるのは何とも良いですよね。




『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パジャマな彼女。 第21話「... | トップ | ゆりゆり/なもり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御無沙汰してます。 (クロスケ)
2012-07-25 22:13:31
記事を読んで、なるほど!と思いました。
あかりは本当にすごくいい子で、だからこそ、いじられなければただの「いい子」で終わってしまうのかもしれないですね。

お話の方は、京子がまりちゃんにかまくらを作ってあげる話が好きです。
京子のこういう所かっこいいな~と思います。
それで風邪を引いちゃうあたりはいつも通りですけど(笑)

すぐに9巻が発売ですね。
1巻まるまる描き下ろしらしいです。
なもり先生ホントすごいです。
こんばんわ~! (西京BOY)
2012-07-27 00:44:37
クロスケさん、コメントどうもありがとうございます!


>いじられなければただの「いい子」で終わってしまうのかもしれないですね。
正直最初にあかりんを観た時は初めから用意されていたキャラ設定だろうな、って
そういう目で彼女を見てたんですけど
改めて原作を読んでみると、周りの女の子よりも明らかに精神が幼いように思えて
だからこそああいう処遇なんだろうなあ・・・って思うと色々納得出来たんですよね(笑)。

その意味では茶番を含んだキャラクターに思えて実は理に適ったキャラ設定でもあるのかも、と
8巻をじっくり読んでて感じてしまったので長文で自分なりの考えを好き勝手書いてしまいました。
そんな個人的な考察に相槌を打って貰えて嬉しかったです!
確かにいじってなきゃ正直もっと印象薄くなってたとも思うので(笑
これからもそのナチュラルな芸人魂を発揮して頑張って欲しいですね。

>京子のこういう所かっこいいな~と思います。
たまに真面目な表情になるのが素敵ですよね。
後半、結衣退部の危機の時も陸上部への移籍を認めない頑固さがあったりと
いつも調子に乗ってるようで何気に芯が感じられるキャラになっているのがいいです。
みんなで楽しむ気持ちを忘れないキャラ、といいますか。


>1巻まるまる描き下ろしらしいです。
こうでもしなきゃ隔月連載で年に数冊は無理ですからね(笑)。
最近「ゆりゆり」も読んで真面目ななもり漫画の良さも感じてたり
何気に引き出しの多い方だなあ、って感じてます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゆるゆり 8巻 (北十字星)
 吉川ちなつの家で赤座あかり、古谷向日葵と大室櫻子が お泊り会。そこで出会った赤座あかりと吉川ちなつの姉。 この二人の出会いは、普通だったが 赤座あかねと吉川ちなつの出会いは、再びホラーの様相(ちなつだけか)。 これに大室櫻子の姉の撫子...