超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ましろ色シンフォニー 第7話「たそがれ色のブランコ」 感想

2011-11-16 02:55:54 | アニメ





噂。




これはあれですか、もしかしてみう先輩のルートなんでしょうか?
珍しく新吾がキュンときたり、服に気を遣ったり、女の子みたいでしたけど。
それに比例して
どこかアンニュイになる他の女の子たち。誰かの幸せは、誰かにとっての不幸になる。
男嫌い、っていうかみう先輩に近づく男は問答無用で拒否してた紗凪も新吾の存在は許せたようで
でも許せても、それが決して恋には繋がらない、っていう。
気になってたのを諦めたのもあっただろうけど
それ以上にみう先輩に対して気を遣った気がしてならない。そんなみう先輩は紗凪の為に気を遣った感じもするし。
って考えると良い子だらけでお兄さん困っちゃう、って感じなんですが(笑)。
真っ直ぐに愛理ルートかと思いきや
意外と寄り道もかまして来ましたか。
その分お話としては展開が読めなくなってきた感じはあるけれど、着地点は是非きれいに決めて欲しいものですね。
自分が昔好きだったギャルゲ原作アニメの匂いがするアニメなので。そこは期待したいところです。

そんな中でもアンジェは本当にブレないですね(笑)。
っていうか一切恋愛感情ない気がするし、紗凪はあの状態だし、このふたりはもうルートないかな・・・。
今更妹っていうのもない気がするし、だとしたら愛理かみう先輩のどちらかなのか。
ここでネックとなるのは
みう先輩は名前で呼んでるのに、愛理はたださん付けがなくなっただけ、っていう
微妙な差があるっていう事実ですよね。これがどう響くか、そもそもそこから先に進展する事はあるのか。
先週と比べて静かなお話でしたけど、ある意味何かの分岐点のようにも思えた
そんな回でもありましたね。
これは早く来週さん来週さんを呼ばないと!


しかしぬこ部の活動って意外といいもんだったんですね。
何となく遊んでるイメージくらいしかなかったんですけど、立派な課外活動じゃないか。
ぱんにゃもいずれは返す、って事で
その辺のエピソードも描かれるのかしら?どちらにせよ、いずれは別れるからこそ、今を楽しんでるんだなあ、と。
そんなみう先輩の笑顔は眩しかったです。このまま彼女のルートに突入するのか、それとも?
いずれにせよ、先が楽しみなのは変わりがないですね、って事で。





冒頭で魔法云々とか言ってたけど、彼の場合は実際かなり正攻法ですよね。
その嫌味のなさが好感度にも繋がってた訳ですけど
そんな彼が誰かを選ぶとしたら、関係性の変化もありえるのだろうか。その辺も含めて次週以降に注目します。



『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 侵略!?イカ娘 第6話「ジョ... | トップ | MONOBRIGHT「ACME」全曲レビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ましろ色シンフォニー  ~ 第7話 たそがれ色のブランコ (動画共有アニメニュース)
ましろ色シンフォニー  第1話 ~ 第7話 たそがれ色のブランコ 新市街に住む少年「新吾」が通っていた「私立各務台学園」が、経営難に陥ったことで旧市街の名門女学校「私立結姫(ゆいひめ)女子学園」...
ましろ色シンフォニー 第07話 「たそがれ色のブランコ」 感想 (アニメに充実?)
もうこれハーレムルート確定じゃね??? でもハーレムエンド歓迎ですわ~www 「先輩これ間接キスじゃ・・・」 「いいよ、瓜生君なら・・・」 くっっ・・・ 羨ましいやつめ・・・
ましろ色シンフォニー 第7話「たそがれ色のブランコ」 感想 (日刊アニログ)
それが出来ないなら力ずくで認めさせてみろ! 愛理が加わり人数を揃えて正式に部活動として認められたぬこ部。 ぬこ部の活動を通して新吾はみう先輩や紗凪と次第に関係を深めていくことに。 しかしみう先輩の発言が元で新吾と紗凪が付き合っているという噂が広まるこ...
ましろ色シンフォニー 第7話 「たそがれ色のブランコ」 (SERA@らくblog)
▼ ましろ色シンフォニー 第7話 「たそがれ色のブランコ」  ぬこ部は正式な部となりましたが…。 部員間の間は恋愛事情でどろどろになりそうな(^^; 男嫌いの紗凪が瓜生と仲良くしてるのを見て気遣...
ましろ色シンフォニー 第7話 「たそがれ色のブランコ」 (SERA@らくblog)
▼ ましろ色シンフォニー 第7話 「たそがれ色のブランコ」  ぬこ部は正式な部となりましたが…。 部員間の間は恋愛事情でどろどろになりそうな(^^; 男嫌いの紗凪が瓜生と仲良くしてるのを見て気遣...
ましろ色シンフォニー 7話 (アニメ徒然草)
その気もないのに、二人同時攻略、だと…? というわけで、 「ましろ色シンフォニー」7話 王手飛車取りの巻。 みう先輩、かわいいです。 いやね、もうね、かわいい以外の言葉が見つからないんですけ...
「ましろ色シンフォニー」 第7話 (HARIKYU の日記)
「ましろ色シンフォニー」 第7話 今回は「愛理」ルートはひと休みといった感じですね。 そのかわり、「紗凪」と「新吾」が名前で呼び合ったり、「みゆ」先輩が新吾の肩にもたれて寝てしまったりと、こちらの方の進展も描かれていました。 私は原作を知りませ ...
【ましろ色シンフォニー】7話 早く黒みう先輩と結子さんが見たいです (にわか屋)
ましろ色シンフォニー -The color of lovers- #07 たそがれ色のブランコ 51 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/16(水) 02:10:09.14 ID:GxX+xEnEO 紗凪は今週も...
ましろ色シンフォニー 第7話 たそがれ色のブランコ (ゲーム漬け)
ぬこ部も規定人数と顧問を得て、正式な部活として学園に認められる事に。 紗凪も新吾を意識する様子を見せ始めます。 そんなある日、みうに買い物に誘われる事に。 翌日、待ち合 ...
ましろ色シンフォニー テレ玉(11/15)#07 (ぬる~くまったりと)
第7話 たそがれ色のブランコ ぬこ部を正式な部活動として認める学園長。動物嫌いな愛梨を入部させるなんてどんな 魔法を使ったのかしら。 沙凪は新吾が気になる様子。みうが新吾を鏡モールの買い物に誘う。桜乃に明日の衣装を尋ねる新吾。いつもどうりので。何か愛想の...
ましろ色シンフォニー 第7話「たそがれ色のブランコ」 (のらりんすけっち)
せっかくぬこ部が正式な部と認められたのに、 うわーなんかどろどろだー 紗凪ちゃんが慎吾ちゃんにときめいちゃってから、変な方向に進んじゃいましたね。 アンジェちゃんルートは終了。 愛理ちゃんルー...
■ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第7話「たそがれ色のブランコ」 (ゆかねカムパニー2)
 新吾のうなじ、初公開です(^^)。  って、こら。  湿布の匂いなら、私は全然平気ですけどねー。  紗凪から新吾への女の子避けは、みうの為なのか自分の為なのか
ましろ色シンフォニー 第7話「たそがれ色のブランコ」 (明善的な見方)
ましろ色シンフォニー Vol.1 [Blu-ray]前回、そろそろスパイスが欲しいと言いましたが、 今回はドロドロ恋模様になりそうなスパイスが効いてました!
ましろ色シンフォニー 7話「たそがれ色のブランコ」感想 (グレイの気ままな体験記)
静かに、確実に、動いている 今話で一気に雰囲気が変わった気がします。 みんな一気に怖くなってきました。 日を跨いでスイマセンでした。
ましろ色シンフォニー 第07話 『たそがれ色のブランコ』 (こいさんの放送中アニメの感想)
全員攻略ルートなのか。新吾ヒロインとのフラグ立てまくってますね。今回は先輩回かと思わせて紗凪回かと思ったらやっぱり先輩回?攻略対象がめまぐるしく変わるので最終的に誰狙いなのかまったく分かりませんね。ただ前も言った通り雰囲気を読む男だけに、誰かに入れ込...
ましろ色シンフォニー 7話「たそがれ色のブランコ」  (新しい世界へ・・・)
紗凪の変化が印象的だったなぁ。それだけに、新吾との関係がどうなっていくのか気になりますね。 水彩キャンディ(2011/11/09)marble商品詳細を見る
「ましろ色シンフォニー-The color of lovers-」第7話 (ちぇっそもっさの四畳半)
【たそがれ色のブランコ】 紗凪ルートかと思ったら、みう先輩ルートだった!? Amazon.co.jp ウィジェット
ましろ色シンフォニー 第7話「たそがれ色のブランコ」 (しるばにあの日誌)
<感想> いよいよぬこ部が正式に発足・・6人全員がそろった。愛理も入ってさぞご満悦だった。ぬこは活動を開始した。  放課後・・瓜生は、みうとカガミモールで買い物をすることになったようだ。  そこで待っていたのは、紗凪だった。デートすることになっ...
ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第7話「たそがれ色のブランコ」 (ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版])
「動物が苦手なはずの愛理が入部するなんてねぇ・・・どんな魔法を使ったのかしら」 ・・・いや、たぶん蘭華さんといえど娘のあの行動は想像の斜め上だと思いますが・・・(笑)。 続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_an...