チューリップのゆりかご

後藤健二さんの平和を願う気持ちを忘れない

道徳教科化と森友事件

2017年03月30日 | 日常
小学校で2018年度から道徳が正式教科となるので教科書検定が
あった。
娘は「どうして道徳が教科になるの?」と言う。
サトル(仮)みたいな子は、成績を悪くされるでしょと。
サトル君は、とても正直に表現する子らしい。
でもほとんどの小学生は先生に気に入られくて先生の期待する答えを
常に意識して道徳の授業を受けることになるのでしょう。
そして行きつくところは、国家のために自分の命を投げ出す子どもたち
ということになるかもしれない。

これは、森友学園の籠池さんと同じ思想。
規模の大きさという点では、籠池さんより教科書検定で国家にとって
都合のいい子ども作りを推し進めようとする人たちの方が悪い。
籠池さんの影響力は、限定されているが安倍晋三らは、籠池さんを
うまく利用して自分の思想のモデル校、拠点校にしようとしていた
のでしょう。
そして晋三は、土地の問題が発覚すると籠池さんとは他人のふりしてる。
見え透いてると感じます。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神の望み | トップ | 八重アデニウム »

あわせて読む