国立オリンピック記念青少年総合センター にいどんブログ

代々木の森から、本部とオリセンの取り組みを所長代理が発信します!

常総市での災害ボランティア活動

2015-10-31 08:36:23 | 日記
 

 今回の常総市災害ボランティアには、磐梯からも3名が参加し、那須甲子2名と一緒に活動することができました。活動開始前のオリエンテーションでは、ボランティアの心得として、①依頼者の気持ちを尊重してください。②「させていただく」の精神で活動しましょう。の2点をが強調されました。市ボランティアセンターでは、各家庭から出されたニーズ票を基に、その日に必要な人数を地域ごとに割り振ります。初めてのボランティアの場合には、まず作業内容を伝えていただき、個人の希望に応じて参加できる仕組みになっていました。

 各地域には、ボランティアセンターの出先拠点があり、その場所まで市が用意したマイクロバスで移動します。私たち5名のうち、拠点での壁剥がしに1名がつき、残った4名で農家のお宅に伺いました。とても広いお宅で、納屋もかなり大きいものでした。納屋には、母屋から運び出された衣服や家具が、汚れたままの状態で置かれていました。納屋の一角にあるお米保存用の小屋も、内部がカビだらけでした。中に保存していたお米は、水浸しとなり、廃棄されたそうです。

 まず、小屋の内部の清掃を行いました。床と壁を高圧洗浄機とデッキブラシできれいに洗い、大型扇風機をかけて乾燥させました。その後、納屋全体の清掃を行いました。納屋に置かれた衣服や家具を、すべて一度別の場所に移して、床を丁寧に清掃しました。中に入り込んだ床の土を水で流すことも考えましたが、その日のうちに衣服等を戻さなければならないため、濡らさず掃いてきれいにすることにしました。しかし、床ににへばり付くように残っていた土を掃きだす作業は、思ったより大変な作業で、午後のほとんどをその作業に費やした感じです。

 最後、母屋の中に入らせていただき、被害の状況を目の当たりにしながら、被災当時の苦労話を伺いました。このお宅には、ほとんど人の顔の高さまで水が来たそうです。水がなかなか引かず、6日目にやっと家に入ることができました。由緒なるお屋敷で、畳もぶ厚いものだったそうですが、すべて廃棄しました。廃棄場所に行くにも渋滞がひどく、片道3時間かかっていたそうです。所有する4台の車のうち2台だめになり、かろうじて軽トラックが残ったので、助かったと言われていました。

 福島の場合もそうですが、なかなか現地に入らないと見えない部分が多くあります。今回、短い時間ではありましたが、現地に伺うことができました。被災地域の一日も早い復興を祈らずにはいられません。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常総市災害ボランティアセンター

2015-10-30 09:05:04 | 日記


 常総市の災害ボランティアに、若手職員と一緒に参加しました。那須甲子に茨城県から人事交流として来ている職員は、今週初め、既に2日間のボランティアを済ませています。





 常総市災害ボランティアセンターは、市の福祉協議会の敷地内にあります。午前8時半からの受付場所には、開始前から多くのボランティアが並んでいました。



 私たちのように、災害ボランティア初参加者には、出発前に簡単なオリエンテーションが行われました。

 現地での活動内容については、写真撮影が禁止されていましたので、うまくお伝えできないと思いますが、次回、報告したいと思います。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

2015-10-29 08:07:15 | 日記

写真をクリックしてください

 しばらく愛媛県の話題を取り上げておりませんでしたので、今回は、道後温泉アートを紹介します。昨年、松山市道後温泉で開催された「道後オンセナート2014」の続編として、本年5月から「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」が開催されています。



 今月から、その第3弾が始まっています。道後温泉本館のインスタレーションです。改築121年目を迎えた道後温泉本館が、蜷川作品で彩られています。特に、18時からライトアップされた本館で、映像作品を楽しむことができます。日本最古の温泉と最先端アートのコラボ、美しい景観を楽しんでみたいですね。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常総市でのボランティア活動

2015-10-28 08:28:13 | 日記


 那須甲子と磐梯は、茨城県教委から人事交流として教員を派遣していただいています。先日、磐梯の所長と一緒に茨城県教委に伺った際、先月の関東・東北豪雨の話になり、ボランティアとして職員を派遣したい旨をお伝えしてきました。

 今週月曜日、先遣隊として、那須甲子の職員がボランティアに伺い、活動してきました。現地では、まだまだ作業が残っている状況との報告をもらい、磐梯と相談して、今週中に何人かが伺えるように、手配をしたいと思います。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

所長ヒアリング

2015-10-27 08:02:34 | 日記


 機構本部では、年1回、所長ヒアリングを行っています。事業と人事に分けて、所長から、理事、部長クラスに対し、予め求められた事項に沿って、直接、説明を行います。事業、人事でそれぞれ40分ずつ配分されていますが、受ける方としては、ヒアリング期間中、集中的に聞くこととなり、なかなか大変な時間だろうと想像しています。

 今回の事業ヒアリングでは、セカンドスクールドリームプロジェクト、「新しい公共」のゴルフプロジェクトこども運動広場等について、いくつか指摘をいただきました。今後、改善に向けて、検討していく必要があります。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加