国立オリンピック記念青少年総合センター にいどんブログ

代々木の森から、本部とオリセンの取り組みを所長代理が発信します!

行田市那須甲子高原学校

2015-08-31 08:41:50 | 日記


 行田市立小学校全16校の先生方が那須甲子に来られました。以前ご報告していますとおり、震災以降、利用が止まっていた行田市の小学校が、今年度から利用を再開していただけることになりました。今回は、その打ち合わせのために各学校の代表の先生方が来られました。那須甲子利用の日程は、来年1月25日~29日です。1泊2日の日程で、4期に分け、各期4校ずつが効率的に移動する計画になっています。写真は、その各期ごとの打ち合わせの様子です。

 今回、以前行田市教委に再開をお願いしに伺った際、対応いただいた校長先生に再会できました。また、驚いたことに、高校時代の同窓生にも再会しました。彼は、これまで行田市で勤務したことがなかったそうですが、ものつくり大学が校区にあるそうで、不思議な縁を感じます。ものつくり大学に伺った際、学校に寄ってみたいと思います。校長として頑張っている様子を頼もしく思っています。

 職員一同行田市の児童たちに会える日を、心待ちにしています。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セカンドスクールの様子を紹介します。その2

2015-08-30 08:05:23 | 日記


 セカンドスクールでは、放課後以降の時間を「なすかしの森タイム」と呼んでいます。この時間は、児童が教育支援スタッフと一緒に活動する時間です。2日目の夜は、キャンプファイヤーをして盛り上がりました。



 最終日の午後、別れのつどい(修了証書授与式)を行いました。児童数が少ないので、私から、児童一人一人に修了証書を手渡し、また、教育支援スタッフにも、修了証書を手渡しました。その後、スタッフたちがあいさつをしました。

 

 児童から、スタッフ一人一人に、お礼の色紙が贈呈され、合唱のプレゼントもありました。



 スタッフからもプレゼントが披露されました。ひまわりのような色紙は、花びらの部分が一人一人へのメッセージカードになっています。カードを一枚づつ剥がして、手渡しする姿に、言葉で表現できない交流の一端を見る思いでした。セカンドスクールは、児童にとっても、スタッフにとっても、一生忘れられない貴重な思い出となって残っていきます。(にいどん)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セカンドスクールの様子を紹介します

2015-08-29 08:09:21 | 日記


 このほど終了した棚倉町立近津小学校、山岡小学校セカンドスクールの様子を紹介します。

 

 出会いのつどいでは、教育支援スタッフも児童も緊張ぎみでした。

 

 スクールタイム(授業時間)には、教育支援スタッフは、TTで入ります。5名の教育支援スタッフも期間中、よく頑張ってくれました。

 

 この日は、校長先生自らが児童の指導に当たっていただきました。児童たちは、校長先生自作の「漢字しりとり」問題に挑戦しました。



 校長先生としては、絶対満点を取らせないという自信作でしたが、写真手前の児童が見事解ききり、とても悔しがっていました。「低学年で習った漢字も使うよ。」とヒントを出したのを後悔されつつ、とても嬉しそうな顔をされていたのが、印象に残りました。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

除染工事の検査

2015-08-28 08:29:10 | 日記




 文部科学省による除染工事が終了し、担当官による検査が行われました。請負業者から説明があったのち、実地の検査が行わました。多くの方々にお世話になり、ようやく那須甲子の除染が完了しました。改めて感謝申し上げます。(にいどん)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数字でみる体験活動と「生きる力」(体験の風をおこそう 3)

2015-08-27 08:18:06 | 日記


 これまでシリーズで発刊されてきた「体験の風をおこそう」の第3巻が、このほど発売されました。これまで、機構が行ってきた調査研究の実績を踏まえ、体験活動の効果を数字で検証したものになっています。



 たとえば、62ページに掲載されている「子どもの頃の体験と大人の資質・能力の相関関係」では、青くなっている部分(共生感、人間関係能力、文化的作法・教養)の能力との相関が、特に強くなっていることがわかります。

 様々な体験活動は、自尊感情、意欲・関心など、個人的な能力だけでなく、共生感など、人間同士、社会全体の能力を高める効果があるのです。(にいどん) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加