にいや徒然エッセイ

「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る。

愛犬孝行

2016-11-07 | 心の栄養

ひといきついた秋晴れの日、

愛犬と母をつれてドックランのあるPacemへおでまし。

母が着替えをするのを見て出かけるのを察知する麻呂。

おいてけぼりを警戒して足元から離れない。

何日もおいてけぼりにして家出した彼だ。

丸二日ワーワー泣きながら探した母もすっかりそのことを忘れているが、

家人で死ぬほど気をもんだことを思うと

愛犬孝行をしてやらねば。

用意が整ったところで不安げな麻呂に「麻呂も一緒に車。」という。

キャイーン!!と大喜びだ。

場所は三次市から庄原市へ向かう国道筋。

道をまちがえてやや手間取ったが、我が家から50分。

貸切状態に甘えてしまいました。

麻呂は大喜び。

解放感いっぱいの広い芝生のドックラン。

しばしリードなしで嗅ぎまわる。

母はケーキセット。

私はノンアル。

塩分のない犬用ケーキをオーダー。

小麦粉はアレルゲンなのでたまにしか与えないけれど、特別に。

麻呂のおやつはおしゃれなお皿にのって出て来た。

が、口をつけようとしたのに食べずにこちらをみあげている。

最近おぼっちゃま化が進んで、

川の水も私の「手ずから」でなくては飲まなくなった。

どこまで甘えん坊??

が、どうやら容器が深くてぺちゃんこの顔がわざわいしているよう。

顔がケーキに届かないのだった(笑)

顔面がぺちゃんこの犬は来ないのでしょうか。

めっきいり「でぶしょう」になった母。

友達づきあいも皆無。

たまに娘の私が連れ出すしか楽しみがなくなった。

たいてい娘の機嫌は悪い。

そちらの責任も多少感じて秋の行楽初日を完了。

疲れた彼はこの日、午後8時にはおねむ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無名シンガーの挑戦(2) | トップ | 自己肯定力 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。