にいや徒然エッセイ

「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る。

新世界に降臨

2017-07-12 | 私が歌手

昨日手術を終えて本日眼帯が外れました。

片目0、04の「測定不能レベル」から1、2

両目で2,4の視力をゲット!

奇跡が起こった。

青白い光を放つ美しい世界に降臨した新屋まり。

新しい黒目になり生まれ変わったのです。

運転しながら標識が読めなくて迷子になることはない。

視力検査表の一番上で「見えません・・」と

つぶやくこともない。

眼鏡をつけたり外したり、

初めての大浴場でつまずいたり、

外を眺めて、あれは露天風呂なのか

それともただの池なのかと、

悩まなくてよくなった。

暗がりで人や物にぶつかったりしないだろうし、

雨の日や汗まみれの時に眼鏡を拭かなくても良くなった。

コンタクトの痛みに耐えなくても良くなったし、

今後は眼鏡を何度も作り直すなんていうこともない。

が、あまりに急に見えるようになったので

あたしは船酔い状態だ。

「まだ新しい目の使い方に慣れないからー」

とドクターは言った。

目は「器具」なのですネ。

瞳はそもそも、茶色い部分の真ん中で独立している。

白い部分の上側を切開してそれを取り換えれば、

血管や神経をつなげたりしなくてよいのです。

眩しくてサングラスが必要だ。

そう言えば、

いつのまにかサングラスを必要としなくなった。

ライブの度に「今日は楽譜が見えるか?」と

心配しなくてよくなった。

烏帽子もドレスもジーンズも、

裸眼だから違和感なし。

良い歌も生まれそうだわ~。

  

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眼内レンズ装着に伴うあれこれ | トップ | 愛犬ふてくされる。の巻き »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (前田誠子)
2017-07-12 23:47:51
ええにょぼコンサート in OSAKA
『トレビアンでいきましょう』では楽しいひと時をありがとうございました。

「まり様の人間性がとっても魅力的で、だから、歌詞に共感できて、歌に感動するんですね。」との感想をご来場者からいただいています。

あの感動からはや10日。
視力回復され、生まれ変わられたまり様。
次回のコンサートがますます楽しみです。
目力で。 (にいや)
2017-07-13 10:48:41
ありがとうございます。
目の手術ゆえに面倒や恐怖心も多少はありましたが、
これまでの不便さから解放されて
嬉しいです。

調子にのって目を酷使したので今日は
手元がアレレではあります。
まだ新しい目との付き合い方が分からないので
これから徐々に仲良くなっていきたいです。

昨年のええにょぼライブは
作りたての遠近両用コンタクトレンズでしたね。
見えなくて大失態をやらかしました。
今となっては笑い話に・・して下さい。

遠くがばっちり見えるようになりました。
手元、近場、狭い世界ばかりに目を向けていましたが、
人生も見通し良くしろということかもしれませんね。

ますます?目力をつけていきますよ~~。




コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。