にいや徒然エッセイ

「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る。

夏の行楽はいかがなものか

2017-07-15 | 家族

眼科に通うのもなんとか落ち着いた。

眼内レンズはまだ私の肉体の一部になりきっていないので

コンタクトレンズをつけているような

ジリリとした目の痛みがある。

コンタクトレンズを外して楽になろう

と思うたびに

あ~~外れないのよねと思う自分がいる。

手元の距離感も慣れなくて

見えないと思ったり

案外見えると思ったりだ。

 

それは置いておいて

出たり入ったりでこの2週間は

麻呂をかまってやれなかった。

ばーちゃん(母)も退屈そう。

「観音マリーナ」改め「マリーナホップ」にリニューアルして

ワンコも楽しめる場所になったようだ。

帰宅したら

ばーちゃんも行く気満々で着替えて待機していた。

が、見れば上下ともに畑に行く作業着。

都会は冷房で寒いと思っている。

長袖で行くと言いはるが、

ブラウスは私が作業着に買ってあげたやつだ。

なんとかモンペは止めてもらって出発。

高速を迷いました。

Uターンしただけで710円。

イラッとしつつなんとか到着。

この夏一番の暑さ。

アスファルトが焼けて暑くてたまらないのに

背の低いぺっちゃんこな顔した麻呂には

地獄の行軍。

ぜーぜーあえぎながら必死で歩く。

ばーちゃんは杖をついてよたよたついてくる。

着くなりわんこと入れるカフェに避難。

それほど冷房は効いていないが

外よりはるかに楽ちん。

ランチを食べて一息ついた。

麻呂は犬をほとんど見たことがない。

飛びかかるようにして

興味を示してくるわんこにびっくり。

嫌がったケージにむしろ入って落ちついた。

が、外のトイレに行ったきり

ばーちゃんが帰ってこない。

迷子になった。

20分は迷っただろう。

もしかしたら車に行ったか・・と

入り口付近に行くと

汗だくで泣きそうなばーちゃんを発見した。

やれやれ。

方向音痴に拍車が掛かったばーちゃん。

温泉もバイキングも一人で席を立つのは

キケンなのだがトイレも追加した。

水族館が目的のひとつだった。

ワンコも入れるし涼しい。

押し車式キャリーを借りて麻呂を入れた。

あるくより楽ちんらしかったが狭い。

だんだん怒ってガリガリやり始めた。

くらげやおもしろい貝や魚を

ちょっと眺めて終了。

片道70分。

滞在90分。

短い滞在時間だが充分疲れた(笑)

何しろ暑くて遊ぶのも命がけ。

車内でも苦しそうな麻呂。

「そんなにベロって長かった?」というほど

麻呂はベロを長く出して

ぜーぜーと大きな息だ。

いついぞやの夏、連れ出した時に車内が暑くて

以降ずっと下痢をした。

今日はすでに食欲がない。

出たがりなばーちゃんもさすがに

暑さには参ったよう。

ケチだけれどさすがにエアコンをつけた。

わが家は30度設定です。

2人と一匹で爆睡。

だが、17時にはさっそくに切ってしまい

麻呂は暑くてぜーぜーに逆戻り。

ケチケチばーちゃんに主導権がある夏だが、

なんとか生き残ってほしい。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛犬ふてくされる。の巻き | トップ | 「白蓮の人」。一周忌へ。 »

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。