にいや徒然エッセイ

「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る。

原発の脅威

2017-03-06 | 最近思うこと

島根県松江市が原発事故に備えて

住民にヨウ素を配布したのがニュースになった。

事前に申し込みをした住人70人に配る様子を見て不思議な気がした。

10年くらい前に放射能にはヨウ素が良いと聞いたことがある。

通販で手に入れられるとその人に聞いたのだが、

私にとっては「都市伝説」レベルの話だった。

それをまさしくニュースで伝えているのだ。

ヨウ素の錠剤を飲めば、放射能の影響から24時間免れると伝えていた。

その間に例えば原発事故が終息するのを待つか、

どこかに逃げるしかないってことでしょうね。

別の番組では、

放射能の影響を受けない遺伝子を持つ人間がわずかにいると言っていた。

父は原爆投下直後に広島市内を「通過」しているが

それから間もなく髪の毛が抜けた以外は、影響を受けなかった。

髪の毛が抜けるのは遺伝子の影響で笑い話。

春から甥の3人ともが全員東京に住むことになった。

原発事故の直後、東京から県内に逃げて来た人の話を聞いたばかり。

願わくば彼らには放射能に強い遺伝子を持っていて欲しい。

日本は滅亡するんだから生き延びてもしかたないという甥の母=実妹。

「はあ、どうでもええ」(もう、どうでも良い)という母84歳。

ま、あなたはもう結構生きたからね・・。

それにしても何事につけ不安定・不確実な時代。

都市伝説が現実化する時代になった。

このあたりも島根原発から50キロ圏内。

ヨウ素を手に入れても、さてどこへ逃げようかと考えて

「南の島?逃げるところなんてないね。」

きっぱりいう妹なのだった。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特殊能力の持ち主? | トップ | 演歌って何? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。