新潟中越地震被災動物支援ブログ

2004年発生の新潟中部地震による動物支援ボランティア速報 問合せ専用090-8805-6156

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新潟中越地震 復興はこれから

2005年10月23日 16時44分34秒 | Weblog
最大深度7強。

「地震と判るまでロケットが落ちたかと思った」
「まるで山が割れるようだった」

電気、ガス、水道、一瞬にしてライフラインを切断され
闇の中に取り残された。

  夢中で家族の姿を探した

51人もの尊い人命までをも奪った「新潟中越地震」から今日で1年が
経過しました。
改めて、命を落とされた方々のご冥福をお祈りするとともに、
復興へ向けふんばってくださったいる被災された方々へ感謝申し上げます。

1年を迎えた今でも、仮設住宅で暮らす方の8割が今後の生活再建への
目処が立たずにおります。
世界中を自然災害が襲いつつある昨今。
仮設への入居を見届けて、なぜか忘れられがちな新潟の地ですが、
復興再建を手にされた方は、まだほんの一握りの方なのだと
皆様の心の片隅で憶えていて欲しいと願います。

手紙が届きます。
今になっから口に出来る事が、綴られています。
人もペットも心に負ってしまった傷はまだまだ癒えることはありません。
1年と言う月日が、やっと心の傷と少しだけ見つめていられることに繋がりました
しかし、失くしてしまったものと恐怖や悲しみと向かい合うには
時間よりも「それぞれの心の中の折り合い」が必要とされるのです。
未曾有だにしない震災に見舞われ、そして現実を受け入れ消化しなくては
ならない過酷さが、被災と言うことなのだと突きつけられる日々を送っているのです。

ペット達へ・・・
そして、被災者の皆さんへ・・・
私達は、聞く、出会う、ふれあう。
そんなことしか出来ずに、今日まで参りましたが、そして頼りにならないかもしれませんが、ここにいます。
いつでも、皆さんを心配しています。

あの冷え込むグランドで、出会った日のように・・
また被災地新潟へ、向うつもりです。

西湘どうぶつ愛護会
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震から1年

2005年10月15日 18時11分17秒 | Weblog
早いもので、新潟中越地震から1年が経過いたしました。
被災地新潟中越では、少しずつ復興がはじまっております。
地震を通したくさんの方と知り合い、たくさんのシッポたちとの出会いがありました。家を失った子、家族とはなれなくてはならなかった子、余震に怯えるシッポ。
出会いと別れを繰り返しながら、幸せを探し続けてきた1年です。

そんな、様子が10月21日テレビ東京の「ポチたま」にて午後7時より放送されます。(地方によっては、放送日がずれることがあります)
ぜひご覧下さい。

 魚沼支部長
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 リンちゃん今日帰宅

2005年08月28日 07時53分08秒 | Weblog
11月、小千谷のグランドで出会ったワン。
リンちゃん。
家族の愛情をたくさんうけた大切なお嬢ちゃまわんこ。
震災で自宅は全壊。新しく借りたアパートもペット不可。
魚沼支部長の元で、今日までだいじだいじに預かっていただいてました。
「ママとはなれてさみしいよ。ごはんも喉をとおらないよ」
ママのところに帰りたいと脱走しようと試みちゃったこともありました。

それから9か月。
リンちゃんの新居完成いたしました。

手塩にかけた預かり姫を手放す、魚沼支部長の胸中は複雑なものだと
察しますが、リンちゃんのぬくもりを家族に返す日がやっとまいりました。

「自主的に里帰りできない娘を嫁に出す心境です」
魚沼支部長、おつかれさま。ここはグッとこらえずに思い切り
涙涙で娘の旅立ちを祝ってやってください。

たくささんの方のご支援によって、今日をむかえられました。

「そこに家族が待っていてくれるから頑張れる」
そんな支援という形での活動でした。

ありがとうございました。

西湘どうぶつ愛護会 安西由美
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 復興へ向けて

2005年08月24日 23時54分11秒 | Weblog
長期お預かりだった、リンちゃんの帰宅も28日となりました。
お預かり魚沼支部長は、すっかり情がうつってしまった可愛いリンちゃんとの
複雑なお別れに、涙涙のことだと察します。(ポチたまにて、見られます)
新しいおうちで新しい家族とのスタート。
リンちゃんにとっては本来戻るべき場所への喜びの帰宅となりますが
お預かりさんの愛情とはなんとも淋しく複雑なものです。
魚沼支部長 どうぞ帰宅までのサポートよろしくお願いします。

地震発生より10か月。
新潟からのお預かりニャン「のんちゃん」は預かりさんの御宅でおりこうさんにしています。のんちゃんのお家も全壊し、新築中ですが、雪の降る前に建てたいと言う願いもむなしく、現地新潟では、建築業者さんの人手不足のため工事が遅れているそうです。のんちゃんのお預かりsanaさんから、のんちゃんの近況が飼い主さんに、手紙で届けられています。それを励みにがんばるから・・そんな飼い主さんの言葉に胸が締め付けられる思いです。

そして、新潟からの保護ワン、シーズーのチビくんも社会性のお勉強を続けています。余震が来るたび、鳴る新潟からの電話に、震災を風化させてはいけない。
そして、今あらためて「その時どうぶつ達の置かれた状況」と「普段からの備え」の必要性を感じています。

8/26発売の「アニファ」
新潟でのペットたちの様子が書かれています。
ぜひ参考にしてみて下さい。

西湘どうぶつ愛護会 安西由美
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 預かりワン、リンちゃんの帰宅

2005年08月16日 00時08分55秒 | Weblog
被災直後から、魚沼支部長宅にお預かりになっていた
被災ワン「リンちゃん」
28日に、御家族の待つ、新居への帰宅が決定いたしました!
お姉ちゃんの進学、お母さんの涙、お父さんの苦悩。
そして、預かりを承諾してくれた魚沼支部長&妻の並々ならぬ努力。
無事にリンちゃんをお返しする日が迎えられそうです。
ネットの向こうから応援してくださった皆様、ありがとうございます。
リンちゃん、がんばってくれてありがとね
リンママさん、踏ん張ってくれてありがとう。
魚沼支部長、お疲れ様。

リンちゃんの帰宅は「ポチたま」で放送予定ですのでお楽しみに!

ひとつ、またひとつ、復興へのつながりになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 被災犬りんちゃんの近況

2005年07月01日 18時45分42秒 | Weblog
新潟も毎日蒸し暑い日が続いています。
久しぶりの書き込みになってしまいました。

りんちゃんは毎日元気に過ごしております。
我家に慣れすぎて毎日画像のように”へそ天”でベッドを占領しています。
ビクビクと小さくなっているより、安心です。

魚沼支部長
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 預かりさん達の愛情

2005年06月11日 08時06分33秒 | Weblog
おうちの建て替えのため、一時預かりだったり、もう一緒に暮らせなくて里親募集になったりと、ワンニャン達の事情もそれぞれですが、その1つ1つの命を預かってくださる預かりさんの愛情には、感服するばかりです。
迷子札、キャットタワー、新しい首輪、ゲージなどなど。
わが子同様に、手塩にかけ愛情をたっぷり注ぎ、大切に大切に育ててくれています。

この夏には、お家が出来上がって家族の元へ帰れる子。
秋には、自宅へ戻れる子。
里親さんを必要としている子。
震災から8か月経ってもニーズは減る事はありません。

預かりワンニャンの帰宅を喜びつつも、その日を考えると、つい悲しくなって涙しちゃう預かりさん。絶対シアワセを保障してくれる方にしか、渡せないわと預かりさん。

そんな、熱い大人たちに支えられて愛護会は成り立っています。

西湘どうぶつ愛護会 安西由美

写真は新品のキャットタワー、なんとのんちゃんの預かりさんがのんちゃんが遊べるようにと購入。すごい。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 トリミング終了ちびくん

2005年06月08日 08時42分07秒 | Weblog
けっこうイケテるでしょ。
顔にはちょっと自信があるんだぁ。

by ちび
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 里親募集中のちびくんの近況

2005年06月08日 08時40分42秒 | Weblog
やんちゃっぷり全開!
優しい預かりママと一生懸命社会性のお勉強中です。
けっこう、イケメンだし、可愛いの。
去勢もワクチンもフィラリアも済みました。
そして2度目のトリミング。
え~~カットするとこんなに変わっちゃうの?
かわいい~~。

写真はカット前のちびくん。
ちなみに、伸び伸びしちゃつた毛を二つに分けてるので
あだ名は「かたつむり」

西湘どうぶつ愛護会 安西由美
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新潟中越地震 新しい預かりニャンコ

2005年06月05日 23時07分08秒 | Weblog
「音」と書いて「のん」と読みます。
女の子のチンチラシルバーです。
のんちゃんのお家は、地震で壊れてしまったので建て替えなくてはなりません。
その間は、アパートで暮らします。
そのアパートはペット禁止。
お父さん、お母さん、そして一番に、のんちゃんを可愛がっていたおばあちゃんの
涙に見送られて、お家が出来上がる冬までの一時預かりとなりました。
甘えん坊のとっても、おとなしくておだやかな子です。
安西と一緒に新幹線にのって、先ほど愛護会に到着いたしました。
明日からは体調を整えるため、どうぶつ病院へ行きます。
そして3日後の水曜日。預かりさんの御宅へいくことになっています。
「また会える・・・」そう判っていても流れでてしまう涙。
大切に大切に、おうちに帰れる日まで、預かります。
おばあちゃん、待っててね。
今度は、笑顔で再会だからね。

のんちゃんの近況は、これからもブログにてご報告してまいります。

忘れ去られがちな被災地の復興が、やっと始まったというニーズです。
どうかこれからもお見守りくださいませ。

西湘どうぶつ愛護会 安西由美

写真は、無事預かりさんのおうちに到着した「のんちゃん」です。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加