新潟の相続 さいとうゆたか法律事務所ブログ

さいとうゆたか法律事務所のブログです。
相続関係の記事をまとめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

預貯金を家裁の審判で分割できるように

2016-12-24 13:12:48 | 遺産分割の仕方

 従来、預貯金については、相続に伴い当然に分割されるとして、遺産分割の対象とはならず、家庭裁判所の審判で分けることはできないとされてきました。

 そのため、例えば、家裁の調停で預貯金について話し合いがまとまらなかった場合、家庭裁判所は審判で預貯金を分けてくれず、当事者が別途地方裁判所などに預貯金の分割のための訴訟を提起しなくてはなりませんでした。

 しかし、最高裁平成28年12月19日判決は、従来の取扱いを変更し、預貯金も遺産分割の対象となるとしました。これで預貯金については、調停のみならず、審判段階も含めて家裁で分割を求めることができることになりましたし、当事者にとっての負担が軽減されることになります。

 今後は預貯金以外の債権についてもどこまで家裁の審判で処理できる範囲が広がるかが焦点となります。

 

 相続についてお悩みの方は当新潟合同法律事務所の弁護士(新潟県弁護士会所属)にご相談下さい。まずはお電話(025-245-0123)かメールをなさって下さい。
                              

  弁護士 齋 藤  裕(新潟県弁護士会所属)

新潟の相続 新潟合同法律事務所ブログトップに行くにはこちらをクリックしてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相続放棄が無効とされた事例 | トップ | 有償で被相続人の世話をして... »

遺産分割の仕方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。