さいとうゆたか法律事務所(新潟県弁護士会) 労働災害(労災)ブログ

新潟市の弁護士齋藤裕のブログです。労働災害(労災)に関する記事を掲載しています。
お悩みの方はお電話ください

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

労働時間把握とログイン・ログアウト記録(労災)

2017-07-06 13:48:33 | 過労死

 労働時間を把握する場合にログイン・ログアウト記録は極めて重要な情報となります。

 操作者が適切にログイン・ログアウト操作をしていた場合、その記録は職場にいた時間ではなく、労働時間そのものを強く示す可能性が高いといえます。

 しかし、そうはいってもログアウト操作をしない労働者もいるようです。そのような場合にはログイン・ログアウト記録の証拠価値は減少します。

 この点、広島高裁松江支部平成27年3月18日判決は、ログアウトのない電子カルテ記録による労働時間認定について判断を示しています。

 同判決は、医師である被災労働者が電子カルテをログアウトしなかったことがあるとしたうえ、他の者がログアウトした可能性もあるとしました。その上で、ログインとログアウトが2時間以内くらいでなされている場合には、電子カルテをその時間までは稼動していたという証拠に使えるとしました。

 このようにログイン・ログアウト記録については、場合によっては証拠価値が低くなる場合もありますので注意が必要です。

 

労災(労働災害)でお悩みの方は当さいとうゆたか法律事務所の弁護士(新潟県弁護士会所属)にご相談下さい。まずはお電話(025-211-4854)かメールでお申込み下さい。

                
    弁護士 齋藤裕(新潟県弁護士会所属)

さいとうゆたか法律事務所(新潟県弁護士会所属) 労災(労働災害)ブログのトップに行くにはこちらをクリックしてください。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長時間労働とアルバイト(過... | トップ | 自己研修・自己研鑽と労働時... »

過労死」カテゴリの最新記事