日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 相州住隆廣 Takahiro Wakizashi

2016-12-10 | 
脇差 相州住隆廣


脇差 相州住隆廣

 室町中期文明頃の相州鍛冶。南北朝時代からの相州振りをよく伝え遺した造り込み。身幅広く堂々とした彫刻も相州物の要素。地鉄は杢目を交えた板目肌が地景を伴って強く立ち、地沸がこれに絡んで躍動感に満ち溢れている。刃文は形状の定まらない互の目で、所々に湾れが交じって変化に富んでおり、帽子は強く掃き掛けて火炎状になり、返りは長く焼き下がる。焼刃は激しい互の目を主張に濃淡があり、この乱れの中に沸筋、金線、砂流しが重なって流れる。物打辺りには島刃が交じってここも特徴的。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刀 月山貞一 Sadaka... | トップ | 脇差 因幡守廣重 Hiroshige ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。