日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 粟田口近江守忠綱 Tadatsuna Wakizashi

2017-02-22 | 脇差
脇差 粟田口近江守忠綱


脇差 粟田口近江守忠綱

江戸時代初期、初代忠綱の、わずかに逆がかる小丁子出来の作。押し合うように密集した小丁子の頭は微妙な高低.抑揚があり、これに伴って小足が盛んに入り、足の先端が所々切れて飛足となり、繊細で緻密な江戸時代の備前伝の魅力が充満している。もちろん鎌倉時代の古作を手本としたものだろうが、鎌倉時代の本歌以上に緻密に詰んだ小板目肌が大坂物の特質であり、古風さという点については古作に及ばないものの、焼刃構成や刃中に射す足の鮮烈さは負けることがないだろう。


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短刀 長舩幸光 Yukimitsu Tanto | トップ | 刀 雲州長信 Naganobu Katana »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。