日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

刀 越後守忠道 Tadamichi Katana

2016-10-17 | 
刀 越後守忠道


刀 越後守忠道

 越前より摂津大坂に移住した刀工。姿格好から寛文頃の作刀であることが判る。小板目鍛えがよく詰んでおり、肌目が目立たないものの、刃中の沸の付き方から柾目状に流れた地鉄が潜んでいることも分かる。刃文は焼幅の広い湾れ調子で、帽子はわずかに倒れて先小丸に返る。焼刃は沸を主張に刃縁に小沸が付いて刃中に広がり、砂流しが濃密に刃中を流れ、刃先近くにまで及んでいる。忠道の工銘はあまり知られていないが、このように優れた相州伝の作を遺している。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脇差 國重 Kunishige Wakizashi | トップ | 短刀 播磨守輝廣 Teruhiro T... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。