日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 山城守國清 Kunikiyo Wakuzashi

2016-10-25 | 脇差
脇差 山城守國清


脇差 山城守國清

 國清もまた堀川國廣の門流。信濃国で活躍していた助宗の子で、慶長頃に京に上って國廣門の國儔に学ぶ。先の國貞とは兄弟弟子ということになる。これにより、造り込みや地鉄の緻密さがよく似ているところがある。國貞は摂津大坂に移住したが、國清は越前に移住、松平家の御用を勤めることとなった。斬れ味大業物の能力が評価されたものであろう。この脇差は、元先の身幅が広くがっちりとし、棟の肉を削いで刃の抜けの良さを高めている。腰元に剣巻龍の彫物を緻密に施しているが、まさに実用を突き詰めた構造である。小板目鍛えの地鉄に細かな地景が交じって綺麗に肌立ち、刃文は小沸の粒の揃った互の目湾れで、刃文は相州伝が基礎にあり不定形に乱れ、沸深い刃中には砂流し、ほつれ、金線が顕著。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脇差 和泉守國貞 Kunisada W... | トップ | 短刀 國廣 Kunihiro Tan... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脇差」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。