日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

太刀 武州住照重 Terushige Tachi

2017-07-08 | 太刀
太刀 武州住照重


太刀 武州住照重

 戦国時代末期の武州下原鍛冶の照重。この一派にも地中に杢を配した鍛えがある。如輪杢などと呼ばれている。拡大写真でその様子が判ると思う。実際にはさらに綺麗な、杢目が密集した地鉄もある。本作などはかなり古調な綾杉の鍛え肌に見える。このような鍛えがいかに創案されたのか、あるいは何らかの作風を手本としたのか、興味深いところである。戦国時代であることから、斬れ味を高める目的があったことは確かだ。下原鍛冶の源流は相州鍛冶で、室町時代の相州伝が基礎にある。匂口が沈んで凄みがあり、いかにも打ち合いに強く、しかも切れそうだ。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短刀 月山宗近 Munechika Tanto | トップ | 刀 薬師堂通吉 Michiyoshi K... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

太刀」カテゴリの最新記事