日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 長舩清光元 Kiyomitsu Wakizashi

2017-05-20 | 脇差
脇差 長舩清光元


脇差 長舩清光元亀三年

 刃長一尺一寸の平造で、かなり反りが付いており、先反りも顕著な、戦場で活躍したであろう作。腰元に、剣巻龍と喰違樋が施されており、所持者守護の念も強く感じられる。地鉄は縮緬状に肌立つ観のある杢交じりの板目肌で、地沸が付いて細い地景も顕著であるが故の強い肌模様だ。刃文は清光が得意とした直刃で、帽子の辺りに小足が入り、わずかに乱れた態を成す。差裏の物打辺りに肌立つところがあり、これも清光にみられる特徴。特別の注文作であろう、総体に穏やかな刃文構成である。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短刀 長舩清光 Kiyomitsu Tanto | トップ | 短刀 長舩祐定 Sukesada Tanto »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。