日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 三善長道 Nagamichi Wakizashi

2016-10-12 | その他
脇差 三善長道


脇差 三善長道

 二尺をわずかに斬る一寸九寸五分の脇差。何度も説明しているが、この寸法は抜刀に適しており、単に寸法のみで脇差と判断できない。なにしろ現在は、一尺から二尺の刃物を単純に寸法で脇差と分けてしまうという、恐ろしいほどの杓子定規に則ったもの。それでは真の説明はできないであろう。さてこの脇差は、と説明を始めると、これに見合う刀はどれほどの寸法なのだろう、これを腰に収めた武士の身長はどれほどだったのだろうと、いらぬ方向へ想像を働かせてしまう。短めの刀と捉えればすんなり受け入れられる。地鉄が特に綺麗だ。良く詰んだ板目肌が地沸と地景で綺麗に肌立ち、その中にも無睛肌が浮かび上がっている。さらに湾れ互の目の刃境を越えて刃中に及び、ほつれとなり、刃中では淡い砂流となっている。その様子は、強く見える一方で繊細であり、相州古作に倣ったものながら、特伝と呼ばれるにふさわしい、洗練味に溢れている。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刀 細川正義 Masayoshi Katana | トップ | 脇差 國房 Kunifusa Wakizashi »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。