日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

刀 出羽大掾國路 Kunimichi Katana

2016-10-31 | 
刀 出羽大掾國路


刀 出羽大掾國路

 たびたび紹介しているのが、江戸時代初期の京都で大人気であった國路である。國廣門に学び、しかも三品派とも技術協力の関係にあったとみえ、両派の作風を受け継いでいる。即ち、地鉄鍛えは三品派のように強く板目が流れて地沸が付き、湯走りが掛かるなど相州伝が強く示されている。刃文も湾れに互の目を交えた構成で、これも相州風。造り込みは平肉が付いて重量があり、江戸時代初期らしさが強く、この点が時代相応。本作が典型的な出来。地鉄は板目が強く現れ、その肌間を細やかに詰んだ小板目肌とし、全面に粗いと言い得る地沸が付いて湯走りも顕著。迫力ある地鉄が好まれたものであろう。刃文も沸が強く深く、激しく乱れた刃文に沸ほつれが掛かり、刃先近くまで厚く付いた刃沸の中を金線砂流しが流れる。帽子が乱れ込んで先掃き掛け、尖り調子で返る。これも特徴。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刀 康継 Yasutsugu Katana | トップ | 脇差 津田助直 Sukenao Wak... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。