日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 越中守高平 Takhira Wakizashi

2016-10-20 | 脇差
脇差 越中守高平


脇差 越中守高平

 加賀刀工初代兼若の、高平と改銘後の作。がっちりとした造り込みで、桃山時代を生きた武将の激しい気質を、そして相州伝の隆盛を感じさせる。地鉄は板目肌が流れて強みがあり、地沸が厚く付いて肌目に沿って地景も明瞭。これが良業物兼若の基質である。刃文は湾れに不定形な互の目交じり。刃中沸が強く深く、刃縁は和紙を裂いたように沸でほつれ掛かり、所々荒ぶるところがあり、刃中には沸筋と砂流しが流れる。帽子は小丸返りに沸筋が加わっており、造形と共に迫力がある。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刀 肥前國正廣 Masahiro Katana | トップ | 脇差 信舎 Nobuie Wakizashi »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。