日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 和泉守兼定 Kanesada Wakizashi

2016-11-07 | 脇差
脇差 和泉守兼定


脇差 和泉守兼定

 関兼定二代目、斬れ味鋭くノサダとよばれ崇められているあの兼定の相州伝である。志津の流れを汲むと伝え、浅い尖り互の目、直刃の他、この脇差のような湾れ調子に互の目交じりの刃文も焼いている。地鉄は板目肌が良く詰み、時に新刀地鉄のような微塵の小板目肌を見ることがある。この作では地沸が厚く付いて、ザングリとは異なるが肌立つ風が強く、これも斬れ味に関わりがありそうだ。刃境は沸で締まり、刃中は匂が満ちて凄みがある。帽子は掃き掛けを伴い、沸筋が流れ、ほつれ掛かるなど火炎風。そのまま長く焼き下がって棟焼となる。激しい打ち合いを想定した作である。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脇差 丹波守吉道 Yoshimichi... | トップ | 短刀 藤原正弘 Masahiro Tanto »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脇差」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。