日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

脇差 法城寺國正 Kunimasa Wakizashi

2016-11-26 | 脇差
脇差 法城寺但馬守國正


脇差 法城寺但馬守國正

 虎徹とも交流のあった法城寺國正の、虎徹によく似た出来の脇差。良く詰んだ小板目鍛えの地鉄に地沸が付いて細かな地景で肌目に動きが感じられる。刃文は焼幅の広く沸の深々とした互の目調子ながら、地刃の境界が明瞭でなく、古風な乱刃。小沸主調の焼刃は匂を交えて明るく、刃中に広がる沸の足も長短抑揚があり、刃中に満ちた沸が砂流しや沸筋ほどではないが自然に現れ、その濃淡によって流れるような景色が浮かび上がる。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刀 越後守包貞 Kanesada Katana | トップ | 刀 永國 Nagakuni Katana »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脇差」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。