日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

刀 長舩清光 Kiyomitsu Katana

2017-04-24 | 
刀 長舩清光

 
刀 長舩清光天正五年

 直刃を得意とした戦国時代後期の備前刀工と言えば、この清光がまず挙げられよう。しっかりとした造り込みに焼幅広い直刃を焼き、帽子は乱れ込んで、時には表裏の焼込みを違えて変化に富み、物打辺りには湯走りなどをほどこし、直刃基調ながら乱れ調子となるものが多い。この刀も、直刃に小足が入り刃縁ほつれ、砂流しが入り、特に物打辺りに帯状に沸が流れ、一部に杢に伴って渦巻き肌も現れている。乱れ込んだ帽子は先が掃き掛けて返る。単純に直刃と言って良いのだろうか、と感じる複雑な刃文構成である。
    
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刀 小反 Kozori Katana | トップ | 刀 長舩清光 Kiyomitsu Katana »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。