日本刀鑑賞の基礎 by ZENZAI    刀剣女子のためにも

日本刀の魅力を再確認・・・刀のここを楽しむ

短刀 長舩法光 Norimitsu Tanto

2017-06-02 | 短刀
短刀 長舩法光


短刀 長舩法光永正二年

 六寸強の小ぶりな短刀。いかにも使い勝手が良さそうだ。実用を経て内反り風に身幅が減ってはいるが、本質がいい。だから格好がいい。緻密に詰んだ板目肌に小板目肌が組み合わさってしっとりとした感がある。刃文は互の目乱。ふくら辺りが乱れて先小丸に返り、長く焼き下がる。小沸に匂交じりの焼刃は明るく刃縁は穏やかにほつれる程度。強い乱や沸を付けず華やかさを抑えた、実用の武器だ。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短刀 長舩忠光 Tadamitsu Tanto | トップ | 短刀 長舩能光 Yoshimitsu T... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短刀」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。