商標の広場

弁理士の福島が商標のお話をします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高知のユズ

2016-12-31 12:32:40 | 日記

県は、県産ユズが「KOCHI YUZU」として、欧州連合(EU)、香港、シンガポールの各地域・国で商標登録されたと発表した。県地産地消・外商課によると、県が申請した商標登録が海外で認められたのは初めて。

商標登録は、登録された国や地域で、商標権を侵害する事業者などに対して、差し止めや損害賠償などを請求でき、品質の保証やブランドの保護などにつながるとされる。

県産ユズの輸出量が増加し、海外での認知度が高まっていることから、県は昨年11月頃から、ユズ果汁の輸出実績がある地域や需要が見込まれる国として、EUやオーストラリア、中国などの六つの国や地域で申請。台湾、オーストラリアでは、固有名詞と地名の組み合わせは識別性が低いなどとして認可されなかったが、EU、香港、シンガポールで、果実と果汁の登録が決まった。中国では審査が続いている。

県は「KOCHI YUZU」の商標を積極的に活用してもらおうと、事業者が県産ユズ及び県産ユズを使用した飲料などの指定商品を登録地域で販売する場合、使用届を県に提出すれば無料で商標を使えるようにした。県は来年1月、フランスのリヨンで行われる外食産業見本市で「KOCHI YUZU」のブースを出展してPRするなど、認知度の向上に取り組む。

自治体産の海外登録商標は珍しい。頑張れ高知!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住友ゴム商標権取得 | トップ | ポケモンの告知文 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事